おそうじ風水 李家幽竹 レビュー

MENU

野心溢れるベンチャー企業のサラリーマン時代に。

こんにちは、管理人の旦那です。

 

今回レビュー致しますのはこちらの専門書です。

 

おそうじ風水 書影
おそうじ風水 李家幽竹(りのうえゆうちく)著

 

こちらの「おそうじ風水」という本の出会いは、遡ること5年前になります。

 

まだベンチャー企業でサラリーマンをしている頃のこと。

 

野心溢れる先輩に薦められて読みました。

 

今回は、本書について改めてレビューしてみたいと思います!

 

表紙と帯のコメントが、既に金言集!

中身に入る前に、表紙と帯に書かれているコメントが、既に金言になっていることに驚きます。

 

まず、表紙に記載されている『悪運をリセット!強運を呼びこむ!』という文言。

 

悪運をリセットできるんですよ、お掃除で、考えられますか?

 

今までどれだけ溜め込んできたかわからない悪運をリセットできるんです。

 

それだけでなく、強運まで呼び込んでしまうと。

 

掃除って凄いですね。

 

何も高額なセミナーに参加しなくても、セラピーとか受けなくても、掃除するだけで良さそうな気さえします。

 

さらに、続きます。

 

帯に書かれているコメントも凄い!

「おうちの汚れ」やしまいこんだ「不要品」は あなたの「運」の「負担」になります。

 

どうですか、心当たりありませんか?

 

僕は大いに有ります(笑)

 

お恥ずかしい限りですが、不要品、沢山あります、きっと。

 

本も山積みになっていますし(汗)。。。

 

そういったものが、「運の負担になる」という言葉、グサッと来ますね~。

 

開運を妨げるという意味でしょうね。

 

運の足を引っ張っている状態と言いましょうか。

 

自分で自分の運の足を引っ張るだなんて、なんて不届き者なのでしょうか!

 

そして、『三日間きれいにするだけで運は動きはじめます』と続きます。

 

これは、もう三日坊主とか言ってる暇無いですよ!

 

たった三日間続けるだけで運が開けるのですから、1週間、1ヶ月、3ヶ月、半年、1年、と続けたら、凄い事になりそうですよ。

 

僕と妻には沢山の夢があります。

 

やりたいことも沢山あります。

 

目標もあります。

 

それを達成するために、今日から心を入れ替えて、お掃除をしていきたいと思います。

 

「面倒臭い」という怒りの感情が足を引っ張っている

自分の足を引っ張っているのは、自分の中にある「面倒臭い」という怒りの感情です。

 

人間は、基本的に怠け者です。

 

放っておいたら堕落してしまい、地の底まで落ちていくこと間違いなしです。

 

人間は「怒りで満ち満ちた怠慢な存在」ですから、何かしら管理する必要が出てきますよね。

 

で、考えてみました。

 

  • 毎日1時間掃除の時間を取る!
  • 毎日の管理票を作成する!

 

ということで早速管理票を作ってみました。

 

お掃除管理票

 

毎日トイレを掃除することの意味についても、書籍で紹介されているのですが、とても重要な意味を持っています。

 

特に男性が行うのが良いと書かれていましたので、早速今日から始めます。

 

この管理票に従って「おそうじ風水」を実践し、また結果を適宜報告させてもらいたいと思っています。

 

目次を読んでいくだけでも凄い勉強になります!

各章の見出しがそのまま深い理解へ繋げてくれます。

 

目次の大見出しは以下となります。

 

1 住まいをきれいにすると運がグングンよくなります!
2 苦手な人はここからはじめて!おそうじ上手の「風水」
3 あなたの運気を下げる「汚れ」と「ごみ」をチェック
4 恋愛運、金運、健康運・・・願いをかなえる「おそうじ術」
5 見逃しがちな部分も徹底的におそうじ!
6 「捨てにくいもの」はこの方法でスッキリ処分
7 運気を劇的に好転させる「空間の浄化法」

 

こちら、大見出しの目次一つ一つに、さらに小見出し的な要素が書かれているのですが、それを読むだけでも大変勉強になります。

 

著作権の関係で、記載することはできませんので、ぜひ、お手にとって見てみてください。

 

僕が読んで気になった部分

実際に本を読んでみて気になった部分を、レビューと共に書き出してみました。

 

『汚れた空間からは悪運が生じる』

 

なんて恐ろしい響きなのでしょう。

 

考えてみてください。

 

汚れた空間、家にどのくらいありますか?

 

結構な数あるんじゃないでしょうか。

 

そこから悪運が生じているわけですよ、恐ろしい限りです。

 

 

『トイレ掃除をする男性はお金持ちになれる』

 

これはもうすぐ実践ですね!

 

割とトイレは綺麗にするようにしてきたのですが、毎日掃除をしているわけはなかったので、今日からは毎日掃除をしようと決意しました。

 

今、ちょうど妻をサラリーマンから救ってあげたいと考えているところだったので、なおさらお金持ちになりたいと強く願っていたところです。

 

こういったちょっとした心遣いが、後々の人生を大きく左右することを、知らない人、甘く見ている人、が多いんですよ。

 

実践あるのみ!です。

 

 

『「溜め込み体質」の人は悪運も溜め込む』

 

溜め込み体質になってしまっていませんか?

 

特に女性に大き気がします。

 

といっても、僕もなかなか捨てられない人間でしたし、女性と同様にオシャレには気を使っていた方でした。

 

沢山の種類のスーツやネクタイを集めたり、靴も何足も持っていました。

 

が、この本と出会い、学んだことで、今ではちゃんと捨てることができるようになって身軽な状態です。

 

タンスが閉まりきらなほど洋服を抱え込んでいませんか?

 

もし、心当たりがあるならば、早めに処分しましょう。

みなさんは、“楽しくお掃除をする”ようにしていますか?

管理人の妻です。

 

みなさんは、“楽しくお掃除をする”ようにしていますか?

 

私は、お掃除が苦手で一度モップをかけても旦那様に後からお掃除されることがよくあります。

 

この本を読んで気付いたのは、楽しい気持ちで掃除をすれば“気”も楽しくなるということ。

 

これって、基本的なことですが、じつはすごく大切なことだったような気がします!

 

本の中でも書かれていますが、運がよくなったらこうなる!と想像してみたり、楽しい気持ちになるようにお気に入りのCDをかけながらお掃除してみることで、苦手なお掃除も楽しくなるような気がします。

 

そしてもう一つ、私がすぐに実践出来ると思った点は、開運したいときにどこを掃除したらどうよくなるのか、具体的に書いてあったところです。

 

人によって、恋人が欲しい人や、金運を上げたい人、仕事運を上げたい人などいろんな悩みがありますよね。

 

時間が進めば、悩みも変わります。

 

そんな時に、ピンポイントで悩みを解決できるお掃除ポイントが書かれているので、これは使いやすい!と思いました。

 

お掃除をする雑巾も古いものはNGだとか。

 

まずは、新しい雑巾を買って気分一新お掃除してみましょう。

 

掃除をはじめてしまうと、あれやってこれやって・・・と考えすぎてお掃除の手が止まってしまう人でも大丈夫。運

 

気別にお掃除をする順番が書いてあるので、そのとおりにやってみてくださいね。

 

我が家では、旦那様がとってもお掃除上手。

 

さらに整理整頓の達人です。

 

夫婦でお掃除するなら、二人で得意なものを分担してみてもいいかもしれません。

 

まずは3日間、この本のようにお掃除をしてみましょう!

 

あなたの運も少しづつ変わっていくと思います。

中古で格安に買えちゃいます!

こちらの、「おそうじ風水」ですが、定価だと1200円+税、と少々お高めです。

 

が、今の時代便利なものですね。

 

お値打ちな中古本がインターネットで簡単に変えてしまいます。

 

更には最安値まで簡単に確認できてしまいます。

 

ちなみに、僕(管理人の旦那)も、アマゾンで中古本を購入しました。

 

送料込みで500円だったかな?

 

毎日最安値が変動しているので、アマゾンの最安値が表示されているページヘのリンクを貼っておきますね。

 

【アマゾン】の最安値

読者から頂いた感想

風水と掃除には深い関係があったのですね。(30代 主婦)

これまで、ほかのテーマも読ませていただいて思ったのが、風水と掃除とはかなり密接な関係があるのだなということです。

 

今回、紹介してくださった「おそうじ風水」、面白そうな内容ですね。

 

ちょっと掃除をさぼって、汚れが溜まってしまうとか、断捨離ができなくて物ばかり増えてしまう、こうした経験は誰しもがあると思います。

 

わたしも、あまりきれい好きな方ではありません。

 

でも、掃除が終わってきれいになった部屋を見ると、やっぱり気持ちがいいんですよね。

 

きれいになったこの状態をできるだけキープしたいとも思いますが・・・。

 

掃除を「しなければならないもの」と捉えるのではなくて、楽しみながらやる習慣にしてしまえばいいんですよね。

 

今までこうした工夫をしたことがないので、今日からは気持ちを新たに、掃除をしようと思いました。

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。