北欧 インテリア 1人暮らし

MENU

1人暮らしの部屋を北欧インテリアにアレンジするには?

人気の北欧インテリアを1人暮らしのマイルームにも取り入れたい!

 

でも、どんなポイントに気を付けて部屋をレイアウト&コーディネートすれば良いのかわからないという方は多いことでしょう。

 

そこで、1人暮らしのための北欧インテリアのヒントをアドバイスします。

 

1人暮らしビギナーには、北欧インテリアは難易度が高すぎる!?

 

いえいえ、そんなことはありません。

 

押さえるべきところをしっかり押さえておけば、あなたの部屋も王道の北欧インテリアに!

 

真似っこポイント① 色味を押さえる

1人暮らしを始めるに当たって大切なことは、まずは「こんな部屋にしたいな」というイメージやコンセプトを決めること。

 

そこで出てくるキーワードとして「北欧インテリア」があるわけですが、「なんとなく難易度が高そう」と思われている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、部屋の中で使用する色を2色に絞り込むだけでも一気に“それっぽく”なるんです!

 

例えば、北欧インテリアの実例集で見つけたのはホワイト×グリーンの2色で統一されたお部屋。

 

テーブルやデスク、ベッド、ソファー、本棚などの家具類とカーテンはぜ~んぶ白。

 

そこにラグやクッションカバーでパステル調の緑をプラスしているんです。

 

同じようなバージョンで赤や黄色、青を使ったコーディネートもありますが、いずれもシンプルでスタイリッシュな北欧の雰囲気がよく表れています。(ユニセックスな感じをお求めなら、白×ネイビーがオススメ!)

 

色を押さえることで、部屋を広く見せる&清潔感を出すという効果も得られるんですよ。

 

真似っこポイント② 壁を飾る

北欧インテリアの難しいところは、「シンプル過ぎても物足りない」というところ。

 

単純に色味を押さえるだけだと、単なる地味な部屋になってしまう可能性もあります。

 

そこで提案したいのは、「壁」のスペースを飾るということ。

 

例えば、300円くらいで手に入るウォールステッカー。

 

動植物をモチーフとしたものは、北欧インテリアの定番です!

 

  • 「大きな木の周りに動物たちが集っている」
  • 「木の枝に鳥かごがかかっていて、そこにはポップな色の鳥が止まっている」
  • 「大きなたんぽぽと、そこから飛んでいく綿毛」

・・・等々、気持ちがほっこりするものからストーリー性のあるものまで様々なデザインのステッカーがあります。

 

マリメッコなどカラフルな生地をオシャレなフレームの額縁に入れて壁に飾る(いわゆるファブリックパネル)というのもよく使われるテクニックですね。

 

余計な家具類を置かず、色味もシンプルに抑えて壁だけをちょっと鮮やかにする・・・これ、とってもオシャレです!

 

1人暮らしなら、誰に遠慮することになく自分の好きな世界観でお部屋づくりを楽しめますしね。

 

真似っこポイント③ 照明の形や色にこだわる

1人暮らしだと、賃貸アパートやマンションにお住まいの方が多いことでしょう。

 

そこで差がつくのは、照明です!!

 

ひょっとして、あらかじめついていた(もしくは、「安いから」「無難だから」と選んできた)スタンダードなシーリングライトなどを使っていませんか?

 

それなら、面白い形のペンダントライトやフロアランプに変えてみましょう。

 

店舗で買うよりも、通販のほうがリーズナブルな価格の物が手に入りやすいです。

 

花のつぼみのような形をしたもの、星型のもの、金平糖のような形のもの、ステンドグラスを使ったもの、複数個でモビールのようなデザインになっているもの・・・等々、見ているだけで楽しくなっちゃう!

 

また、電球の色もオレンジ系にすることでより北欧インテリア“らしさ”をUPさせることができます。

 

風水でも、「良い運気は明るい場所に宿る」と言われています。

 

ぜひ、お気に入りの照明器具でステキな運気を誘い込んでくださいね!

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。