厄除け 男

MENU

男の厄除けは家族の未来を左右する!覚えておくべき心得とは

厄除けをすべき年齢は男女で異なります。

 

ここでは、男性の厄年に注目!どのタイミングで、何回厄除けを受けるのが良いのか、また、それを怠るとどうなるのか。

 

忙しい男性諸君のために、日々の生活で少しずつ厄を除ける方法についても併せてご紹介します。

 

安倍首相は「もっと女性に活躍して欲しい!」とお望みのようですが、女性の立場から言わせれば男性だってもっと頑張って欲しい!

 

だからこそ、しかるべきタイミングに厄除けもしっかり行って、心身ともに健康であって欲しいのです。

 

男性の厄年とは?

年齢と共に、仕事でもプライベートでも背負うものが重くなっていく男性のみなさん。

 

大難を小難で済ませるためにも、厄年の厄除けは必ず行ったほうが良いですよ。

 

自分だけではなく、大切な家族の幸せまでもが「厄」の波に飲み込まれてしまうこともあり得るのです。

 

ところで男性はいつ厄除けをすべきかご存知でしょうか?

 

厄年は性別で異なります。

 

男性の場合は、数え年で25歳、42歳、61歳です。(生まれた年を「1歳」を数え、お正月を迎える度に1つ歳をとると考えます。生まれた「月」は関係ありません。)

 

また、上記で挙げた年齢の前後の年を「前厄(厄の前兆が少しずつ表れる」「後厄(厄の力は薄まってきているけれどまだ油断はできない)」といい、やはり厄除けのお祓いをしてもらったほうが良いと言われています。

 

つまり、男性が厄除けを受けるべきタイミングは次の3セットということになりますね。

  • 1回目の厄 : 「24歳、25歳、26歳」
  • 2回目の厄 : 「41歳、42歳、43歳」
  • 3回目の厄 : 「60歳、61歳、62歳」

祈祷は、正月~節分の間に、氏神様(お住まいの地域を守っている神様)にお願いするのがベストです。

 

特に怖いのは42歳!

ちなみに、男性に巡ってくる3つの厄年のうち、最も怖いのは42歳の厄です。

 

この年齢の男性というのは、会社では部下を抱えて大きなプロジェクトを任されていたり、家庭では子供がお金のかかる時期にさしかかり、親は介護が必要になったり・・・と、なにかと負担が大きくなる時期ですよね。

 

これを、昔の人は「大きな役が回ってくる歳回りだ」と考え、その「役」と「厄」をかけて「厄年」とされるようになった・・・という説もあります。

 

芸能界でも、「厄年は大きな役につきやすく、その年に代表作に恵まれるケースが多い」と言われているそうですよ。

 

一つの節目と言える年齢ですから、それまでの己の言動を振り返り、内省し、改めるべきところは改めて自分を「リセット」するという意味ではちょうど良いタイミングなのかもしれませんね。

 

「厄を転じて役となす」という考え方もありますし、せめて42歳の厄除けだけでは必ず行くようにしたいものですね。

 

厄を溜めないためにできること
  • 「厄年の時に親を亡くした。」
  • 「厄年に大病を患った。」
  • 「厄年に離婚した。仕事も失った。」

そんな体験談を何度か耳にしたことがあります。

 

その男性たちに共通していたことは、「なんで突然、こんなことに・・・と思っていたら、実は厄年だった!」ということ。

 

「備えあれば憂いなし」とはちょっと違うかもしれませんが、事前に「今年は厄年だから、なにかと不運に遭うかもしれない」と覚悟ができているのといないのとではイザという時のショックの大きさも違います。

 

「そうは言っても、ただでさえ忙しい年齢だし、厄除けを意識している余裕もない」とおっしゃる方もいらっしゃるでしょう。

 

それなら、日々の生活の中で小さな厄除けを重ねて、厄を溜めない、爆発させないことですね。

 

例えば男性の場合、女性よりも身の回りの管理に関してズボラな方が多いという印象。

 

何年も同じ下着やタオルを使っていたり、何か月も部屋の掃除をしていなかったり、自分の体臭に無頓着だったり。

 

特に、一人暮らしの男性の場合は「水廻りや窓の掃除は全く手つかず」・・・なんて方も多いのではないでしょうか?

 

風水では、身の回りを整えることが穢れを祓うことであり、良い運気を呼び込むことにつながると考えます。

 

厄年に神社やお寺で厄払いを受けることも確かにご利益はありますが、日々の積み重ねで溜まりに溜まった「厄」はそれだけでは落とせませんよ!

 

自分の厄年に身内に不幸なことがあっても気にしない、全く罪悪感を覚えないという方はさておき、少しでも気になる方は日頃から「プチ厄除け」を心掛けましょう。

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

合わせて読みたい「風水インテリア」ポイント&体験談

誰でもカンタン厄除け方法3つ日々の積み重ねで難を逃れる
厄除けに適した時期は災いを避けるためにはいつ行うべき?
神奈川県内で厄除け人気の神社を3ヵ所セレクトしました。
定番の厄除けアイテム3つ大切なあの人へのお守りに
厄除けのお守りにアクセサリーを贈る際の選び方ポイント
浅草で厄除けといえばやっぱりココ人気の三社をチェック!
愛知県で厄除けといえばアソコ歴史上の英雄たちにあやかる!
最強パワースポット熱田神宮で厄除け。信長にあやかりたい!
後厄でも厄除けは必要?まだまだ油断はできないって本当?
あの出雲大社で厄除け!押さえておくべきポイントは?
厄除けといえばあびこ観音!行くならいつがオススメ?
厄除けで渡す謝礼の相場はいくら?金額とご利益は比例する?
注目の石川県で厄除けするなら歴史あるこの3社!
厄除けは一人で行くべきなのか邪気を払うための心得とは
宇都宮で人気の厄除けスポット!戊辰戦争の英霊に決意を誓う
厄除けは午の日に!具体的にそれっていつ?
厄除け絵馬で「厄」を落とそう。奉納の作法について教えて!
東京で厄除け&縁結び祈願!オススメ神社3選
厄除け&縁切りで運気をリフレッシュ!悪縁にサヨナラしてくる
次の休暇は江ノ島で厄除け!不思議な島でリフレッシュ
厄除けスポットの選び方。大切なのは形よりココロ!
厄除けとお礼参りはセットで!「感謝」の気持ちが福を呼ぶ
鎌倉で厄除け祈願!あの頼朝にパワーを授けたスポットとは?
厄除け祈祷の服装はどうする?神様は意外と厳しい!
草津で厄除けといえばココ!併せて楽しみたいイベント情報
埼玉県で人気の厄除けスポット!ランキングの常連は・・・
関東で有名な「厄除け三大大師」とは?その由緒とご利益
札幌で厄除けに行くならゼッタイ後悔させない神社3選
厄除けで「最強」ってどこの神社?やっぱり気になるその評判
最強の厄除け天然石はどれ?パワーが強い3つをセレクト!
厄除けでもらった札。これってどうすればいいの?
塩を使った簡単な厄除け方法を3つご紹介します。
静岡県内で人気の厄除けスポットを3ケ所ご紹介します。
滋賀県内で口コミ評価の高い厄除け神社を3ケ所厳選してご紹介
厄除け祈祷を受ける際にふさわしいネクタイの色やその意味
植物のパワーで厄除け!私を守ってくれる緑のチカラ
厄除けをしないとどうなるの?知っておきたいリスクと防御策
神々が集う島根県で厄除け・・・ってもしかして最強!?
鈴の音で風流に厄除けしよう!幸せは鈴の音につられてやってくる
厄除けは節分までに済ませたほうが良い?その理由は
仙台で厄除けするなら伊達政宗の強運にあやかりたい!
浅草寺は厄除けにふさわしくないって本当?実際の口コミは?
掃除は最強の厄除けテクニック!整理整頓が開運の鍵
厄除け効果のある食べ物って何?開運の基本は毎日の食事!
厄除けは大安の日にするべき?日取りよりも大切なことは?
誕生日に厄除け!気持ちも運気もリフレッシュ
厄除けで人気といえば高幡不動!そのルーツと実際の評判