勝負運 手相

MENU

手相が語るアナタの勝負運「ツイてる手」ってどんなの?

手相は、その人の日々の行動や気の持ちようで変えていくことができるものです。

 

逆に言えば、手相を見ることで今の自分の状態をチェックできるということ!

 

では、勝負運を見るにはどこに注目すれば良いのでしょうか?

 

勝負運がツイている手ってどんなの?

 

なにをやってもダメな時もあれば、なにをやってもツイている!という時期もありますよね。

 

その運気の“波”をよく表しているのが、手相なのです!

 

ギャンブルに勝てる手相

手相には、その人の生活習慣や内面がよく表れます。

 

実際、手相は一生同じではなく、刻々と変化しているんですよ。

 

試しに、数か月おきに手相を比較してみてください。

 

以前はなかった線が、くっきりと刻まれていることに気づくかもしれません。

 

私も、以前は運命線がほとんど見えない手相でしたが、そのことに危機感を覚えて

  • 「未来の自分像」
  • 「こうなりたい自分」

を意識するようにしたところ、運命線が前よりも濃くなりました!

 

さて、試験やスポーツ、ギャンブルの勝敗について知りたいのであれば、手相で「勝負運」を表す線を探してみましょう。

 

手の平を広げて、小指の下を手首に向かって下りていったところにある膨らみ(月丘)を見てみてください。

 

ここに縦線が入っていれば、勝負を制するために必要な直感、インスピレーションが優れているということです!

 

全ての人にあるわけではありませんので、この線がある人はラッキーですね。

 

天下を取れる!?マスカケ線

風水や手相なんて非科学的だ!そんなものに頼るのは弱い証拠だ。

 

・・・そのような先入観をお持ちの方も多いかもしれません。

 

しかし、教科書に登場する歴史上の偉人たちの中にも、自らの運命を切り拓くために風水や手相の知識・テクニックを利用していた方々は大勢いるんです。

 

その代表格とも言えるのが、豊臣秀吉と徳川家康!

 

二人とも、自らの運命を変えるために手相を自分で彫っていたと伝えられています。

 

群雄割拠の戦国時代を勝ち抜いた二人ですが、共通したある手相を持っていたことでも知られているんですよ。

 

それは、マスカケ線。

 

一般的には別々に刻まれている「知能線」と「感情線」が一体化した手相で、手のひらの中央に力強い直線が刻まれています。

 

マスカケ線の持ち主は非常に頭の回転が速く、思考をスムーズに行動に移すことができる人。

 

強い勝負運の持ち主でもあります。

 

ただし、あまりにも強烈な個性を持っているため、成功と失敗が紙一重で浮き沈みの激しい人生を送る方も多いようですね。

 

太陽線にスター。その意味は?

「手相は変化する」・・・それを実感できるのが、手のひらに表れる“記号”です。

 

例えば、「スター」と呼ばれる「※(米印)」のような記号。

 

これが薬指の下の縦線「太陽線」の上に表れると、勝負運がツイている時です!

 

太陽線は名声や成功に関する運気を表す線ですから、ここに「吉相」であるスターが出ているということは、神がかった勝負運に恵まれている証拠。

 

「これはチャンスだ」と思える機会が巡ってきたのであれば、多少のリスクは恐れずどんどん挑戦してみましょう。

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

合わせて読みたい「風水インテリア」ポイント&体験談

東京で勝負運UPを祈願するならどこの神社が良いの?
色の力で勝負運アップ!選ぶカラーで運気が激変!?
東京で勝負運UPのお守りを入手したい!オススメはこの3つ
大阪で勝負運UPの神社といえば?人気の3社をチェック!
神様、お願い!勝負運UPのパワースポットで必勝祈願を。
神奈川で勝負運を上げてくれる神社は?頼朝公にあやかろう!
今日の勝負運は朝決まる!?ツイてる1日にするための心得
埼玉の神社で勝負運を祈願したい!口コミ評価が高いのは?
私の勝負運ってどうなの?無料診断サイトで気軽にチェック!
スポーツやるなら絶対必要!勝負運を上げて白星を飾ろう
風水で勝負運を上げる食べ物といえば?食事を見直して開運!
戦国時代の“あの人”も名古屋の神社で勝負運を祈願!?
パワーストーンネックレスで勝負運を引き寄せよう!
ネイル開運法で勝負運が上昇し勝負に勝てるネイルを研究してみた
勝負運祈願は箱根神社へ。その由緒とオススメスポット
勝負運といえば代々木八幡宮!芸能人も通う最強スポット
岐阜の神社で勝負運を上げよう!戦国武将にあやかりたい!
そうだ、京都の神社で勝負運祈願しよう!おさえるべき3社
勝負運のパワースポット3選!絶対行っておきたいのはココ!