カーテン 1枚売り

MENU

ステキなカーテン、見っけ!・・・でも1枚売りじゃ使えない?

ニャン次郎カーテンの購入をお考えのみなさん、お探しなのは、両方開き?それとも片開き?

 

そこをハッキリさせずに1枚売りの商品を買ってしまうと、どうにも困ったことになってしまうかもしれないニャ!

 

ここで改めて1枚売りカーテンのメリットやデメリットを確認しておこう。

 

そもそも、「カーテンの1枚売り」とはどのような販売形態のことを言うのでしょう。

 

「こんなハズじゃなかった(涙)」という悲しい事態を避けるためにも、カーテン用語の基本をおさらいしておきましょ!

 

「1枚売り」ってどういうこと?

カーテンを購入する際に気を付けるべきポイントの一つが、「開き方」。

 

レールの真ん中から左右両方向に開くのであれば、同じ柄・サイズのカーテンが2枚必要ということですよね?

 

一方、レールの片側からもう片側まで寄せて開くタイプなら、1枚でこと足ります。

 

ここを明確にしておかないと、「本当は2枚必要なのに1枚売りのカーテンを買ってしまって後悔・・・(涙)」なんて残念な事態にもなり兼ねませんよ!

 

商品説明欄をよく確認しよう

通販でカーテンを買う場合には、特に注意が必要です。

 

2枚セットで届くかと思いきや、実は1枚売りで1枚しか届かなかった・・・というのは意外によくあるミス。

 

気の利いたサイトだと、「このカーテンは1枚売り商品です。両開きにする場合には2枚必要になります」と親切に明記されているので気づきやすいのですが・・・。

 

全てのショップがそこまで気が利いているかと言えば、そうではないケースも・・・(涙)。

 

「このカーテン、2枚セットにしてはなんだか安くないか!?」と感じたら、仕様をよくチェックしたほうが良いかもしれませんね。

 

残念!一目惚れしたカーテンが1枚売り・・・(涙)

数年前、アウトレットの雑貨店に行った時のこと。

 

マリメッコっぽい北欧テイストなデザインで、素材もふわふわやわらかいカーテンを発見したんです。

 

  • 「やった!掘り出しモノを見つけたぞ!」
  • 「うちの部屋のイメージにもピッタリじゃん!」

 

・・・と、かなりテンションが上がったのですが、残念ながら1枚売り(泣)。

 

できればカーテンは全ての窓でデザインを統一しておきたい(少なくとも同じ部屋の中では・・・)というこだわりがある私は、泣く泣く諦めたという思い出があります。

 

1枚売りだからという理由でアウトレットに出されているカーテンも少なくないんですよね。

 

小窓などにポイント使いするにはオススメなんですけどね!

 

ニャン次郎

こちらもCHECK!!

 

いかがだったかニャ?

 

風水に限らず、運気アップのポイントといえば、色選びニャンだけど、その色選びの中でも大きく影響をあたえるのがカーテンなんだ!

 

今の時代、インターネット通販で素敵なオーダーカーテンが格安で買えるんだニャ!

 

こちらの記事に、ニャン次郎も自宅用のカーテンを買ってみたいと思って検討している【格安ネットショップ】を紹介しているから、よかったら読んでみて!

 

>> オーダーカーテンが格安?!オススメ通販ショップまとめ!

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。