カーテン 出窓

MENU

どんなアイテムがオススメ?出窓に合うカーテン選びのツボ

ニャン次郎レースのカーテン&季節のお花でかわいらしくアレンジしたい!・・・と、出窓のある生活に夢を描いている方も多いはず。

 

しかし、出窓にはメリットだけじゃなく、実際に住んでみないとわからないデメリットもあるニャ!

 

だからこそ、出窓のカーテン選びは超・重要なんだ!

 

見た目にオシャレ感のある出窓ですが、機能性の面ではどのようなメリット&デメリットがあるのでしょうか。

 

そして、それをカバーするカーテンでオススメは?

 

出窓のメリットってどんなこと?

出窓は、外に出ている分だけ部屋の空間が広がっているということですよね。

 

しかも、私たちが立ったり椅子に座ったりしている時の目線の高さにあるので、その分だけ実際よりも部屋が広いように感じさせる効果があります。

 

実際には6畳くらいの間取りでも、見た感じでは8畳くらいに感じられたり・・・といった視覚のマジックに使えるというわけです。

 

さらに、出窓スペースって、ちょっとした棚になっていますよね?

 

そこに、お花やルームフレグランス、そしてレースのカーテン・・・って、なんだか「幸せな家の象徴」みたいな図ではありませんか!?

 

季節に応じたディスプレイを楽しむのも良いですね~。

 

バルーンシェードやプリーツスクリーン、ブラインドも出窓のデザイン性を引き立ててくれるアイテムですよ。

 

意外と難しい?出窓のカーテン選び

ただ、出窓も良いことばかりではありません。

 

まず、出窓の部分は室内・室外の空気循環が活発ですから、部屋自体の断熱性が落ちてしまうという欠点があるんです。

 

断熱性が落ちるということは、つまり室内と外との熱交換が活発になるということ。

 

もっとわかりやすく言えば、冷暖房の効きが悪くなるということです。

 

その点を考慮の上で、遮熱や保温機能を備えたカーテンを選ぶことが大事になってきますよ。

 

また、出窓の場合は、「カーブレール」といって出窓の形状に沿った形のレールを選ぶことになります。

 

オーダーカーテンのための採寸をする時も、窓の形状に沿って長さを測らなければいけないので、ちょっと面倒くさい・・・(汗)。

 

こんな残念出窓にご注意!

以前住んでいたマンションには、東の方角に出窓がありました。

 

見た目にはオシャレだったのですが・・・夏は暑くて冬は寒い!

 

しかも、カーテンを取り付けるレールが出窓部分の手前にあって、「部屋を広く見せる」というメリットも台無し(涙)。

 

出窓のデメリットを「嫌!」というくらい思い知らされた物件でしたね(涙)。

 

カーブレールではなかったのでカーテンを選ぶ&採寸は楽でしたが、トータルで見ると残念な出窓でしたよ。

 

賃貸物件を選ぶ際は、出窓部分のカーテンレールがどうなっているのかも注目した方が良いのではないでしょうか。(・・・と、失敗経験者は語る!)

 

ニャン次郎

こちらもCHECK!!

 

いかがだったかニャ?

 

風水に限らず、運気アップのポイントといえば、色選びニャンだけど、その色選びの中でも大きく影響をあたえるのがカーテンなんだ!

 

今の時代、インターネット通販で素敵なオーダーカーテンが格安で買えるんだニャ!

 

こちらの記事に、ニャン次郎も自宅用のカーテンを買ってみたいと思って検討している【格安ネットショップ】を紹介しているから、よかったら読んでみて!

 

>> オーダーカーテンが格安?!オススメ通販ショップまとめ!

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。