カーテン 部屋の仕切り

MENU

オシャレに仕切ってお部屋を2つに!カーテンの賢い活用法

ニャン次郎新たに壁を新設するほどでもない。

 

でも、部屋の仕切りが欲しい・・・という場合に重宝するのはやっぱりカーテン!

 

部屋の仕切りという物理的な役割だけではなく、インテリアのアクセントとしても大活躍してくれるニャ!

 

カーテンを使って間取りをアレンジするコツを伝授!

 

なるべくお金をかけずに部屋を仕切りたいという場合は、カーテンを使ったアレンジがオススメです。

 

ここでは、具体的なアレンジ方法と費用相場をご紹介します。

 

簡単!カーテンで部屋を仕切ろう

「子供部屋を真ん中で仕切って2つにしたい」「リビングと隣の部屋の仕切りが欲しい」という場合、壁を新設したりパーティションや造作家具を設置したりすると数万円~数十万円の費用が発生します。

 

例えば壁を新設する場合の費用相場は10万円前後~20万円くらい。

 

収納棚としても使える造作家具も人気ですが、オーダーだと5万円くらいにはなります。

 

その点、カーテンなら簡単でリーズナブル!

 

ホームセンターでも手に入る突っ張り&布カーテンで仕切れば簡単に空間を分けられますし、カーテンのデザインにこだわればインテリアのアクセントにもなって一石二鳥ですよ!

 

アコーディオンカーテンはどう?

布のカーテンだと、見た目にはオシャレだけど「しっかり仕切られている」感がない!

 

もっとガッツリ仕切りたいんだけど・・・。

 

そんな場合に使えるのがアコーディオンカーテンです。

 

これも、部屋の仕切りとして良く使われるテクニックですね。

 

天井にレールまたは吊りパイプを設置して取り付けることになります。

 

部屋を完全に仕切りたい場合はレール、ちょっと隙間を開けて光を通したいという場合はパイプ・・・と使い分けることが可能ですよ。

 

安いものだと5,000円くらいからありますので、費用面でもそれほど負担にはならないと思います。

 

もっとも、業者に依頼すれば数万円かかってしまいますが・・・。

 

色鮮やかな間仕切りカーテンをDIYで!

一人暮らしの時に住んでいたマンションは、キッチンとリビングが一続きだったんです。

 

さすがに彼が来た時にキッチンを見られるのはちょっと・・・と思ったので、ホームセンターで買ったつっぱり棒と雑貨店で買ったシャワーカーテンでむりやりDIYカーテンを作った記憶があります。

 

雑貨店のカーテンは幅が狭くて、しかも色違いが4枚・・・。

 

いくらなんでも統一感がないかな?と思ったのですが、4枚を並べて吊るしてみたらなんだかレトロな雰囲気になって思いのほかイイ感じになったんですよ!

 

かかった費用は5,000円くらいだったような・・・。

 

賃貸の方で、「部屋の仕切りが欲しい」という方にオススメのお手軽リフォーム術です!

 

ニャン次郎

こちらもCHECK!!

 

いかがだったかニャ?

 

風水に限らず、運気アップのポイントといえば、色選びニャンだけど、その色選びの中でも大きく影響をあたえるのがカーテンなんだ!

 

今の時代、インターネット通販で素敵なオーダーカーテンが格安で買えるんだニャ!

 

こちらの記事に、ニャン次郎も自宅用のカーテンを買ってみたいと思って検討している【格安ネットショップ】を紹介しているから、よかったら読んでみて!

 

>> オーダーカーテンが格安?!オススメ通販ショップまとめ!

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。