カーテン おしゃれ

MENU

毎日をもっとHAPPYに!カーテンで楽しむ、おしゃれな部屋作り

ニャン次郎外からの視線や紫外線をカットするという役割もさることながら、インテリアのアクセントとしても欠かせないカーテン。

 

存在感を主張し過ぎることもなく、おしゃれなカーテンは部屋全体のセンスも格上げしてくれる効果があるニャ!

 

でも・・・何をもって「おしゃれ」を呼ぶかは実はとっても難しい!?

 

ファッションにしてもインテリアにしても、「おしゃれ」の基準は人それぞれ。

 

カーテンでお部屋をおしゃれに演出するにはどうしたら良いのでしょうか。

 

カーテンがおしゃれだと気分もアガる!

突然ですが、みなさんはどんな点にこだわって今のカーテンを選びましたか?

 

色?柄?素材?それとも値段??

 

もし、「ただ安かったから」「たまたま目に留まったから」というだけの理由で選んだということなら、それはもったいない!

 

カーテンは、お部屋のおしゃれには欠かせないアイテムですよ。

 

例えば、インテリアにはそれほど強い興味がないという人でも、「こういう感じの部屋にしたい」という大まかなイメージはあるはずですよね?

 

カーテン1枚で、そのイメージに近づけることは不可能ではありません。

 

新しいカーテンを選ぶのであれば、そのイメージを大事にしてそこにマッチするものを探しましょう。

 

カーテンは面積が多い分、部屋のイメージを左右するアイテム。

 

「まあいっか」で決めてしまうと、全てが「まあいっか」で終わってしまう可能性もありますよ。

 

「おしゃれ」の定義は?

ファッションでもインテリアでも、何をもっておしゃれと言えるかは難しいところですよね。

 

ただ、一つ言えることは、全体として統一感があるとセンスが良く見えるということです。

 

ソファーやテーブル、照明、チェスト・・・と、単品では文句無しにおしゃれなのだとしても、カーテンだけが際立ってしまうような奇抜なものを選んでしまうと台無し(泣)。

 

部屋の家具や壁紙、床材の色や雰囲気に馴染むカーテンが本当の意味で「おしゃれ」なんです。

 

要するに、全体のバランス感覚が大事ということになりますね。

 

「素材にこだわる」っておしゃれ!

ファッションでは、本当におしゃれな人は素材やサイズ感を大事にするそうです。

 

例えば、同じ黒でも、使う素材によって印象はまるで違いますよ。

 

堅苦しい雰囲気になる素材もあれば、ふんわり柔しい表情を見せてくれる素材もあります。

 

これはカーテンにも共通して言えること。

 

例えば私は、ピンク色が苦手です。

 

自分には合わないな・・・と直感的に分かるし、いかにも「女子!」という雰囲気に抵抗を感じるんです。

 

どんな物でもまず手にしないし、ピンクのカーテンなんてもっての他!という感じだったのですが・・・。

 

でも、リネン素材のピンクだと、すごくナチュラルだということに気づきました!!

 

ピンクという色が持つ、優しくてあったかい感じが押しつけがましくなく演出できるんですよね。

 

インテリアも、素材の違いを楽しめるようになればおしゃれのコツがわかってくるかもしれませんね。

 

ニャン次郎

こちらもCHECK!!

 

いかがだったかニャ?

 

風水に限らず、運気アップのポイントといえば、色選びニャンだけど、その色選びの中でも大きく影響をあたえるのがカーテンなんだ!

 

今の時代、インターネット通販で素敵なオーダーカーテンが格安で買えるんだニャ!

 

こちらの記事に、ニャン次郎も自宅用のカーテンを買ってみたいと思って検討している【格安ネットショップ】を紹介しているから、よかったら読んでみて!

 

>> オーダーカーテンが格安?!オススメ通販ショップまとめ!

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。