カーテン 床の色

MENU

どうすれば相思相愛になれる?カーテンと床の色のバランス

ニャン次郎お部屋の中で占める面積が広い者同士だからこそ、カーテンと床の色の相性が悪いとお部屋全体の印象も残念なことに(涙)。

 

カーテン選びでは、その部屋の床の色を意識することが大事ニャ!

 

では、具体的にはどんな色を選べば全体のバランスが整えられるのか、見てみよう。

 

床の色によって、相性の良いカーテンの色は違ってきます。

 

後で後悔しないために、注意すべきポイントをレクチャー!

 

カーテンと床の色のバランスが大事!

一般的に、カーテンを選ぶ際には床の色と同系色が良いと言われています。

 

そうすることによって、全体的に統一感が出てナチュラルな印象になるのだとか。

 

確かに、どちらも部屋の中での専有面積が広いもの同士ですからね・・・お互いが全く違う色だと、ちぐはぐな印象になりそうな気がします。

 

カーテンに個性が欲しいのであれば、色ではなく柄で。」というのも、インテリアの世界でよく言われていることですよね。

 

とりわけ、淡いベージュというのはどんな床材とも相性が良いよう。

 

ベージュって、私の中では「超・定番」「無難の極み!」みたいな印象の色なのであまり使いたくないのですが・・・。

 

床も大事だけど、壁の色も意識しよう!

床とカーテンに加えて、壁もかなりの面積を占めていますよね。

 

ですから、カーテン選びでは床の色に加えて壁の色も意識する必要があるということ!

 

そういう意味では、確かにベージュは手堅いのかもしれません。

 

だって・・・よくある白い壁紙とも相性が良さそうですからね。

 

ただ、あまりにも「無難」に走って部屋の全てを無地にしてしまうと、全体的に「間延び」した印象でメリハリがなく、ボヤっとしたインテリアになってしまいます。

 

部屋によっては、ちょっとインパクトの強いカーテンを選ぶことでインテリアにアクセントを加えてみるのも良いかもしれません。

 

「無難」で終わらせるのもちょっともったいない・・・

変にカーテンが悪目立ちするのも嫌だし、ここは無難にベージュにしておくか・・・。

 

せっかくの部屋作りなのに、それじゃあちょっとつまらないと思いませんか?

 

まずは自分がその部屋をどんな空間にしたいのか、イメージをふくらませてみましょうよ!

 

床の色と合わせることも大事ですが、そこまで「無難」な路線に走る必要もないでしょう。

 

自分のイメージに合うカーテンをピックアップして、もし可能であればサンプルを自宅に持ちかえってコーディネートしてみましょう。

 

全体を見て、明らかに「合わない(泣)」と感じるのであれば、別のデザインを選べば良いのです。

 

ちなみに、シンプル&さわやかにしたいのであれば、ホワイトやベージュ、淡いグリーンがオススメ。

 

ちょっとシックにしたいなら、紫やモスグリーン、ブラウン。

 

トラッドな感じがお好みなら、ネイビーや緋色を選べば理想の空気感を演出できると思いますよ。

 

ニャン次郎

こちらもCHECK!!

 

いかがだったかニャ?

 

風水に限らず、運気アップのポイントといえば、色選びニャンだけど、その色選びの中でも大きく影響をあたえるのがカーテンなんだ!

 

今の時代、インターネット通販で素敵なオーダーカーテンが格安で買えるんだニャ!

 

こちらの記事に、ニャン次郎も自宅用のカーテンを買ってみたいと思って検討している【格安ネットショップ】を紹介しているから、よかったら読んでみて!

 

>> オーダーカーテンが格安?!オススメ通販ショップまとめ!

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。