カーテン 麻

MENU

洗う度に味が出る!こだわりのリネンカーテンで夏を涼しく過ごそう

ニャン次郎夏になると、ファッションメーカーがこぞって販売するのが麻のシャツ。

 

確かに、風通しが良く汗の乾きも早いイメージがあるニャ!

 

それはカーテンの素材として使った場合でも同じ。

 

デザイン性&機能性の両方を兼ね備えた麻のカーテンが、ひそかに人気を集めているんです!

 

見た目に涼しげな麻素材の服は、ナチュラル志向の人ならずともファッショニスタの間でも大人気。

 

インテリアにも取り入れないともったいない!?

 

麻のカーテンってごわつきそう・・・

麻という素材は、他にはない独特な風合いを持っていますよね。

 

私も、シャツやストールで麻素材の物を着用する機会が多いのですが、あのさらさらした肌触りが気持ち良いですし、夏はやっぱり涼しい!

 

見た目にも、ナチュラルでふっくら優しく、清潔感のあるたたずまいを演出できますよね。

 

・・・ですが、洗濯した時にシワができやすいイメージ。。。

 

私の洗い方がマズいのかもしれませんが、洗濯するとごわつく感じがしますし、ちょっとした刺激でも破けてしまったりするのでメンテナンスが難しいような・・・。

 

カーテンで麻を選んだ場合も同じような感じなのでしょうか?

 

実際の使い心地は?

「洗うとごわつく」というのは、私の洗濯方法に問題があるか、もしくはその麻の質が悪いということのようですね。

 

実際に麻のカーテンを使っている人の意見を聞いてみると、「洗うたびに生地がふっくらするよ」とのこと。

 

使い込めば使い込むほどに良い味が出てくるという特徴は、綿のカーテンでは得られないメリットらしいです。

 

朝洗って昼には乾くという速乾性、そして「雑菌が繁殖しにくい」という点も選ばれるポイントのようです。

 

しかも、麻素材って冬も温かいらしいですね。

 

麻というと、その吸湿性の高さや風通しの良さからどうしても「夏」というイメージが強いのですが、体温を保つ作用もあるため冬も温かいらしいです。

 

なんだか矛盾しているようにも感じられますが、要は人間の皮膚と同じように「呼吸している」ためにオールシーズンに対応できるということなのだとか。

 

ちなみに、素材としては非常にデリケートなので、洗濯は手洗いのほうが良いそうです。

 

気になるお値段の相場は・・・

でも、リネンのカーテンってあまり一般的なものではないようなイメージ・・・。

 

天然素材だけに、質が良くなればなるほどにお値段も高くなりそうな気がします。

 

調べてみると、やっぱり綿や化繊のカーテンよりはお値段も高めのようですね。

 

例えば、私が「いいなあ」と気になっている「uf」というサイトのリネンカーテン。

 

縮みを予防するために縫製前に水洗い加工を施してあったり、柄によってミシンや針を使い分けたり、特殊なロック糸を使ったり・・・とこだわりのショップなのですが、お値段はW100×H135cmサイズで8,000円~、W100×H178cmサイズで9,800円~。

 

私が自宅で使っているカーテン(綿×ポリエステル)の倍くらい・・・。

 

やっぱり、質の良いものはそれなりのお値段ってことです。

 

でも、それで少しでも心豊かに暮らせるようになるのなら、そのくらいの投資はしても良いんじゃないかな?

 

ニャン次郎

こちらもCHECK!!

 

いかがだったかニャ?

 

風水に限らず、運気アップのポイントといえば、色選びニャンだけど、その色選びの中でも大きく影響をあたえるのがカーテンなんだ!

 

今の時代、インターネット通販で素敵なオーダーカーテンが格安で買えるんだニャ!

 

こちらの記事に、ニャン次郎も自宅用のカーテンを買ってみたいと思って検討している【格安ネットショップ】を紹介しているから、よかったら読んでみて!

 

>> オーダーカーテンが格安?!オススメ通販ショップまとめ!

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。