オーダーカーテン レール

MENU

いけてないレールじゃオーダーカーテンが台無しに!

ニャン次郎カーテンにはこだわっているのに、レールは適当?

 

・・・それではせっかくのオーダーカーテンも台無しニャ!

 

あなたのお部屋にしっくりなじむのはどのタイプ?

 

レールにも様々な種類があり、それぞれ持ち味が違います。

 

シンプルあり、アンティークあり、モダンあり・・・カーテンルールのデザインにも様々なバリエーションがあります。

 

オーダーカーテンを作るなら、レール選びからこだわらなくっちゃもったいない!

 

カーテンレールには種類がある

カーテンは部屋の中でも専有面積が広いアイテム。

 

ついついその布地(色やデザイン)ばかりに目が行きがちですが、その根本の部分も含めて全体像を見てみてください。

 

なんだか、カーテンとレールの相性がイマイチ!

 

・・・残念ながら、そう感じるお宅も多いのではないでしょうか?

 

うちもそうですから・・・(汗)。

 

意外と見過ごされがちですが(賃貸の場合は特に)、レールにも種類があり、どれを選ぶかによって部屋の雰囲気が全然違います!

 

オーダーカーテンを買うなら、せっかくだからレールも一緒に買い替えましょう。

 

レール+カーテンで「見せる(魅せる)」窓辺にしたいのか、それとも使いやすさや機能性重視か・・・コンセプト次第で選ぶべきレールも違ってきますよ。

 

目的に合わせて選び分けよう

デザイン性重視でレールを選ぶなら、「装飾レール」がオススメ。

 

材質としては木材や金属で、両端の部分にオシャレな飾りがついているものが一般的です。

 

これなら、レールがカーテンで隠れてしまうことがありませんので、レール&カーテンセットでインテリアのアクセントになります。

 

「別に、そこまでレールにはこだわりがないんだけど・・・」という場合は、「機能性レール」で十分でしょう。

 

賃貸住宅などでよく見る、ごくごく一般的なレールです。

 

造りが丈夫で動きもスムーズなので、使いやすさを重視したい方にオススメです。

 

ちなみに、カーテンを取り付けるとレール部分は見えなくなります。

 

あとは、出窓など特殊なタイプの窓に使われる「カーブレール」ですね。

 

それぞれ、取り付ける部分のフックが異なりますので、オーダーカーテン選びの際には「自宅のレールはどのタイプなのか?」が重要になります。

 

カーテンを選ぶ前にレール選びを!

カーテンをレールに取り付けるには、専用のフックが必要ですよね。

 

これは、レールの種類によって異なります。

 

ですから、オーダーカーテンを注文する際には必ずレールの種類を尋ねられると思います。

 

そもそも、レールの種類によってカーテンの採寸方法も違うってご存知でした!?

 

私はそれを知らずに大失敗したことがあるので、みなさんは注意してくださいね。

 

具体的には、装飾レールの場合は両端のキャップ(留め金)の内側を測ります。(※キャップは含めません)

 

レールの両端から測るのではないので間違えないように!

 

一方、機能性レールの場合は、両端についているキャップ(留め金)の輪の中心から中心までを測定します。

 

最後の出窓タイプでは、窓のカーブに沿うようにしてキャップの輪~反対側の輪の長さを測定します。

 

頭では理解していてもなかなか難しいので、出張採寸を依頼できるのであれば利用したほうが良いかもしれませんね!

 

ニャン次郎

こちらもCHECK!!

 

いかがだったかニャ?

 

今の時代、インターネット通販で素敵なオーダーカーテンが格安で買えるんだニャ!

 

こちらの記事に、ニャン次郎も自宅用のカーテンを買ってみたいと思って検討している【格安ネットショップ】を紹介しているから、よかったら読んでみて!

 

>> オーダーカーテンが格安?!オススメ通販ショップまとめ!

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。