壁紙 クロス カタログ

MENU

カタログと上手にお付き合い!壁紙クロスで理想のお部屋を実現!

カタログを見ながら、「あれも良いな」「コレもステキ!」とインテリアのイメージを膨らませるのは楽しい時間ですよね。

 

ただ、壁紙クロスの場合はカタログに掲載されている小さなサンプル画像ではいまいちイメージが膨らまない場合も・・・。

 

そんな時は、お目当ての壁紙クロスを使用したお部屋のインテリア実例写真が合わせて掲載されているサイトが便利です。

 

 

 

壁紙クロスのカタログが欲しいな~と思った時、みなさんはどうしていますか?

 

わざわざインテリアショップに出向いてお取り寄せ?

 

いえいえ、今は、「見たい!」と思った時にすぐに手元にカタログを用意できちゃう時代です。

 

カタログもネットの時代!

最近は、「ネットでお取り寄せできない物はない」と言っても過言ではない時代。

 

サイズ感が大事な服でさえ、ネットショッピングが主流の時代です。

 

もちろん、壁紙クロスの世界も例外ではありません。

 

壁紙クロスを選ぶといえば、従来は分厚いカタログを取り寄せて隅から隅までめくって、比較して、また戻って・・・といったアナログな探し方がメインでしたよね。

 

ところが今は、カタログだってネットで簡単にチェックできてしまう時代!

 

大手メーカーの壁紙も、思い立ったらすぐにでも自宅のリビングで気軽のペラペラ~と参照できます。

 

チラ見してみたよ!サンゲツの「デジタルブック」

壁紙クロスの分野で超・メジャーなメーカーといえば「サンゲツ」。

 

もちろん、時代のニーズはがっちりつかんでいます!

 

ネット上でカタログを閲覧できる「デジタルブック」というシステムが確立されていて、これがまた非常に見やすい&扱いやすいんですよ。

 

それぞれの壁紙クロスのサンプル画像と特徴はもちろんのこと、それを使った部屋のインテリア写真が掲載されています。

 

「なるほど~。この壁紙クロスを選んだ場合は、こんな雰囲気のお部屋になるのね」とイメージが膨らみます。

 

使い勝手もサクサクで、紙ベースのカタログを見ているのと遜色ないレベル!

 

もうちょっと細かい部分までじっくり見たいな、という場合は自由に拡大することも可能ですよ。

 

「やっぱり紙のカタログが良い!」という人は・・・

壁紙クロスをはじめインテリア関係のカタログというのはサイズが大きく、正直、家にあっても邪魔になるんですよね(涙)。

 

最近は、サンゲツのようにネットでカタログを公開しているメーカーが多いですし、PDF版でダウンロードすることも可能。

 

これなら、膨大な量のサンプルの中で「コレをじっくり見たい」というものをピックアップして印刷することができますから場所を取らないし無駄がない!

 

とはいえ、やっぱり実物を見て・触ってみないことには判断できないということなら、お近くのショールームへ出かけてみましょう。

 

カタログも置いてあるハズなので、その資料を元にしてその場でコーディネーターさんにアドバイスを仰いでみてはいかがでしょうか。

 

なんだかんだ言っても、それが最も失敗のない選び方かもしれませんね!

読者から頂いた感想

時間がない人にとっては、有効だと思います。(30代 主婦)

わたしはショッピングによくネットを利用するので、ネットの利便性は理解しているつもりです。

 

自分の好きな時間に、好きな場所で、ゆっくりと見られるのがいいんですよね。

 

確かに、写真と実物のイメージに差があったことはないとは言えません。

 

でも、自分の足でお店に行って、手に取って見て、気に入らなかったらまた探して・・・

 

という時間と労力を考えたら、ネットを上手に使う方がいいかなと思います。

 

壁紙クロスを選ぶときも、同じですよね。

 

コーディネートされた部屋の写真なら、部屋の雰囲気、家具と合わせたときの感じがよく分かるので、単に紙のカタログだけを見比べるのよりは、はるかにイメージしやすいと思います。

 

ホント、便利な時代ですよね。

 

もちろん、最終的な確認はショールームへ行ったらいいと思いますが、候補選びの段階では断然ネットが便利だと思いました。

ニャン次郎

こちらもCHECK!!

 

いかがだったかニャ?

 

壁紙・クロスとあわせて、開運グッズの観葉植物を取り入れよう!

 

もちろん、部屋のインテリアとしても観葉植物はオススメだよ!

 

こちらの記事に、金運アップ効果が期待できる【縁起の良い観葉植物】をまとめてあるので、良かったら読んでみてニャ!

>> 縁起の良い観葉植物で金運アップ!

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。