家庭運 風水 色

MENU

色の力で家庭運を上げよう。風水で家族みんなが幸せに!

風水では、色が持つ意味や運気に与える影響を重視します。

 

では、家庭運とつながりの深い色は?

 

また、家庭運を上げるためにはインテリアやファッションでどんなことに気を付ければ良いのでしょうか。

 

風水のプチ知識をおさらいして、家族みんなを開運に導きましょう。

 

色が人の心理に与える影響は非常に大きいものです。

 

たまたま身に着けていた服の色が、その人にビッグなビジネスチャンスをもたらしたり、逆にチャンスを奪ってしまったりすることも・・・。

 

特に、インテリアのカラーコーディネートは「家庭運」への影響力が非常に大きいのです!

 

家庭運は「土」の気

風水といえば、色。

 

「金運を上げたいなら黄色の物を身に着けると良い。」

 

「恋愛運UPならファッションやインテリアにピンク色のアイテムを足してみて!」

 

そんな解説をご覧になったことがあるという方も多いことでしょう。

  • 健康運は緑、
  • 人気運は紫、
  • 人間関係をスムーズにしたい時はオレンジ

・・・等々、「高めたい運気」に応じて色をうまく使い分ける必要があるわけです。

 

では、家庭運は?

 

風水で家庭運といえば、「土」の気を持つ運気です。

 

すなわち、同じく土の気を持つ色、もしくは土の気を育ててくれる色を生活の中に取り入れることによって家庭運を上げることができるということですね!

 

土の気を持つ色とは?

土といえば茶色。

 

ゆえに、ブラウン系の家具や内装、ファッションと相性が良いですよ。

 

ブラウン系の家具は、色調がライトなものからダークなものまでバリエーションが豊富なので、コーディネートしやすいというメリットがあります。

 

ただ、同じブラウン系でも無垢の家具となると「木」の気も入ってきますよね。

 

風水(五行)の考え方では「木は土の養分を奪う」ということであまり良い相性ではありません。

 

「土は栄養分を与えて木を育てる」という考え方もできますが、土から見れば得をする関係ではありませんよね。

 

ですから、同じ「土」の気を持つ色でも「黄色」のほうがオススメですよ。

 

例えば黄色×白のポップな色使いで、流行りの北欧インテリア風にまとめてみてはいかがでしょうか。

 

家族の気持ちも明るくなって、家族運UP間違いナシ!

 

逆に避けたほうが良い色は?

風水(五行)では「火は灰になって土となる」という考え方があります。

 

つまり「火」の気を持つ色も家庭運を上げる効果があるということ!

 

具体的には、赤や紫などが挙げられるでしょう。

 

ただし、だからといって多用するのはNGです。

 

メラメラと燃え盛る火のごとく、喧嘩っぱやくなって家族間の人間関係をギスギスさせてしまうかもしれません。

 

それ、家庭運にとっては逆効果ですよね。

 

ですから、もし「火」の気を持つ色をインテリアやファッションに取り入れるのであればワンポイントアクセントに留めておくのが正解ですね。

 

それも、あまり鮮やかな色調のものではなく、ちょっとダークで落ち着いたトーンのものを選びましょう。

 

また、黒を使ったモノトーンインテリアもオススメできません。

 

黒は「水」の気を持つ色であり、「土は水を汚す」ということで土とは相性が良くないのです。

 

確かにモノトーンはスタイリッシュで格好良いのですが、家族が集うリビングでは避けたほうが良さそうですね。

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。