八戸 恋愛 神社

MENU

八戸で恋愛運を祈願するならこの神社!運試しの結果は?

古くから港町として発展してきた八戸市。

 

最近は、ちょっと変わったB級グルメ(せんべい汁)や素朴な南部せんべいも人気を集めていますよね。

 

スピリチュアルなスポットが多い青森県の中でも、全国的に知名度の高いパワスポ神社がある街でもあります。

 

恋愛運アップで注目すべきはどこの神社でしょうか?

 

2002年に東北新幹線が延伸開業し、東京からのアクセスが格段に便利になった八戸市。

 

春先は桜巡り、夏は夏まつり、秋や紅葉狩り、冬はウィンタースポーツ・・・いろんな楽しみ方ができる観光地です。

 

旅行を兼ねて、パワースポットを訪ねてみてはいかがでしょうか。

 

恋が叶うかどうかは石が知っている!? 櫛引八幡宮

せっかく遠方の神社に行くなら、何かしら“運試し”をしてみたい!

 

おみくじを引くのは定番ですが、もうちょっと遊びゴコロのある運試しを・・・とご希望なら、青森県八戸市の「櫛引八幡宮」に出かけてみてはいかがでしょうか。

 

こちらの神社には不思議な石があり、願い事を唱えてその石を持ち上げ、「軽く持ち上れば願いは叶う。重くて持ち上がらなければ願いは叶わない」というジンクスがあるのだとか。

 

実際に、「願い事を唱える」/「何もお願いしない」の2通りで石を持ち上げてみたところ「腕で感じられる重さが違っていた」と証言する方もいます!

 

自分の想いは相手に届くのか?この恋は成就するのか?

 

・・・相手の心は目に見えませんので、恋愛には漠然とした不安がついてまわりますが、勇気がある方はこの石に問いかけてみると良いでしょう。

 

(現実を突きつけられるのはちょっと怖いですが・・・。)

 

こちらの神社の起源は1191年に遡り、南部家初代光行公が武運祈願のために八幡宮のご神体を奉持したのがルーツだと言われています。

 

祀られているのは八幡大神(ハチマンオオカミ)で、諸願成就の神様。

 

もちろん、縁結びなど恋愛系のお願いごとにもお力を貸してくれます。

 

境内には夫婦円満にご利益があると言われている「夫婦杉」もあります。

 

「二人の仲が末永く続きますように」との願いを込めてカップルで参拝される方も多いようです。

 

アクセス: 八戸駅から車で約10分です。

 

島を3周して恋愛祈願を! 蕪嶋神社(八戸市)

同じく青森県で人気の恋愛パワースポットで、ちょっと面白い参拝方法が口コミで話題になっている神社があります。

 

八戸にある「蕪嶋神社」は、八戸港内にある陸続きの島にある神社ですが、「己巳の日に島を3周回って参拝すると運が開ける」というジンクスがあるのだとか。

 

周囲800mの小さな島ですので、3周くらいならば・・・と願掛けに訪れる方が増えているのだそうですよ。

 

とりわけ、縁結びや復縁祈願など恋愛に関するお願いをする方が多いということです。

 

・・・というのも、ご祭神であるイチキシマヒメミコトは女神を、御神像の頭上にある鳥居は男神を表すものであるというところから、縁結びや夫婦円満、子授け、安産の神社として信仰を集めるようになったのだそうです。

 

こちらの神社がある蕪嶋はウミネコの繁殖地としても有名。

 

繁殖のシーズンである春先には三万羽ものウミネコが集まるそうです。

 

風水では、鳥は「幸せを運んでくる天からの遣い」と考えられていますので、恋愛に関する良い知らせを運んでくれるかもしれませんよ!

 

エッ!パワースポットが全焼!?

実はさきほどご紹介した八戸の蕪嶋神社、2015年11月に火事で全焼してしまったのだとか・・・。

 

「パワースポットが全焼って・・・なんだか縁起が悪くない!?それって本当にパワースポットと言えるの?」

 

と思われるかもしれませんが、もしかしたら“何か”の身代わりで燃えたのかもしれません。

 

多くの方の恋愛の願いを叶えてきた歴史は残っています。

 

それでも鳥居は残っていますし、場所そのもののパワーは揺るぎなく変わりませんので、ぜひ一度は訪れてみたいですね。

 

再建を望む声も多く、募金活動も行われているようです。

 

こちらの神社にお世話になった方は、その感謝の気持ちも込めてお金を納めてはいかがでしょうか。

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。