風水関連の書籍 レビュー

MENU

風水の専門書を読んで、レビューをしています!

風水は専門的で奥が深く、管理人のような素人では到底太刀打ち出来ないシロモノです。

 

方角に始まり、色、日取りなど、大変複雑です。

 

しかし、今は情報が手に入りやすい世の中ということもあって、割りと簡単に基本的な考え方については得られるのも事実。

 

一番費用がお安くて、安全な方法としては、やはり専門書を読むこと、読書だと考えます。

 

ただ、書籍といえども失敗したくないですよね。

 

文庫本であれば数百円で購入も可能ですが、ハードブックとなるとそれなりのお値段がするものですし。

 

と思いまして、私が実際に読んでみてオススメできる書籍をレビューしていきますので、よかったら参考にしてみてくだいさいね。

 

風水の専門書も沢山出回っていますが、出来る限り、わかりやすくて実践しやすいものを選んで読んでいこうと思っています。

 

当然、私も自分自身で実践している内容もありますので、レビュー中にご紹介をしていきたいと思います。

読者から頂いた感想

今すぐ掃除がしたくなりました!(40代 主婦)

読んでいて私もさっそく掃除がしたくなってしまいました。

 

もともと掃除は嫌いではありませんが、「汚れをため込む=悪運をため込む」なんていう内容を読むと、今すぐにでも雑巾片手に掃除をしたくなります。

 

紹介されている内容もどれも興味深いものばかりで、じっくり本を読んでみたくなりました。

 

主人にトイレ掃除をお願いしたいところではありますが、果たしてやってくれるかどうか…?

 

でもまずは私にできるところから、一つずつ始めてみたいと思いました。

 

これはもう、実際に本を読んで実行してみるしかないですよね。

 

私のような素人が、たくさんある風水の本の中から実際にどれがいいかを選ぶことはとても難しいので、こういった風水関連の書籍をレビューしてくださるサイトはとてもありがたいです。

 

李家幽竹さんのお掃除風水、チェックしました!

何かを知りたい・知識を深めたいと思ったら、やはり情報が大切だと思っています。(30代 女性)

色々なジャンルと同じく、風水関連の書籍にも専門書があるのですね。

 

私は時間のある時、大きい本屋さんに行くことが大好きです。

 

ただ、種類が多すぎて何がいいのかわからないので、読んだ人のレビューはかなり助かります。

 

李家幽竹さんのおそうじ風水は、本屋で見かけた事のある一冊で気になっていました。

 

レビューを読んで、今すぐ買いに走りたくなりました。。

 

ごちゃごちゃした空間は苦手で、いつでもスッキリとした部屋ではいたいと思っているので、開運掃除法が具体的にのっているというレビューに大変惹かれました。

 

本が好きで数が増えて行く一方で、本棚に入れても背表紙の色のごちゃつきが気になるので、いつも背表紙を裏にひっくり返して本棚がスッキリ見えるようにしています。

 

保管方法として風水的には問題ありなのでしょか?

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

合わせて読みたい「風水関連の書籍」レビュー記事

 

こんにちは、管理人の旦那です。今回レビュー致しますのはこちらの専門書です。おそうじ風水 李家幽竹(りのうえゆうちく)著こちらの「おそうじ風水」という本の出会いは、遡ること5年前になります。まだベンチャー企業でサラリーマンをしている頃のこと。野心溢れる先輩に薦められて読みました。今回は、本書について改めてレビューしてみたいと思います!表紙と帯のコメントが、既に金言集!中身に入る前に、表紙と帯に書かれ...