厄除け 風水 色

MENU

風水で厄除け幸せな運気をぐいぐい呼び込む考え方

「風水=様々なグッズを使った開運テクニック」というイメージが強いのではないでしょうか。

 

しかし、開運と厄除けは表裏一体。

 

身体についたネガティブな気を落とさなければ、せっかく巡ってきた幸運も生かすことはできません!

 

ここでは、風水に基づいたカンタン厄除け法をご紹介します。

 

風水とは、身の回りの環境を整えることによって良い運気を呼び込みやすくしよう!という開運法です。

 

日々の厄除けで、良い運気をお招きするための“スペース”を空けておきましょ!

 

厄除け風水① 「陰」の気を溜めない

キッチン、トイレ、お風呂場等、水の気が多い所には「陰」の気が溜まりやすいと言われています。

 

特にお風呂やトイレは私たちの「汚れ」や「厄」を洗い流す場所。

 

その汚れが溜まっていけば・・・運気の流れが悪くなるのは容易に想像がつきます。

 

風水を抜きにして考えてみても、「陰気」って決してポジティブなイメージではありませんよね・・・。

 

空気がどよ~んと淀んで、おまけにそこに湿気もたまれば、当然のことながらカビやダニの温床にもなりやすくなります。

 

放っておくと不衛生になりやすい場所ですから、こまめに掃除して汚れを溜めないようにしましょう。

 

それがそのまま、厄除けにつながるのです!

 

また、服装やインテリアもモノトーンは避けたほうが良いですね。

 

スタイリッシュでカッコ良いのですが、風水的な見方をすればNGなコーデです。

 

ワンポイントでも良いので明るい色を取り入れましょう。

 

自分自身の気持ちも前向きになりますよ!

 

厄除け風水② 塩を持ち歩く

TVドラマを見ていると、もう来て欲しくないお客さんが帰った後に玄関先に塩を撒く・・・というシーンがよく出てきます。

 

また、お葬式から帰った時にも家に入る前に身体に塩を撒きますよね。

 

なぜ、塩なのか?

 

それは、塩には「邪気を払って、その場の“気”を浄化する」という作用があるからです。

 

風水ではよく使われる浄化アイテムなんですよ。

 

「撒く」だけではなく、「持ち歩く」ことで厄除け効果を得ることもできます。

 

「最近、なんとなくツイていない」「災いを遠ざけたい」という時は、少量の塩を持ち歩くと良いでしょう。

 

外部からのネガティブな“気”の影響を受けにくくなります。

 

ちなみに、持ち歩く場合は「粗塩(精製されていない天然のお塩)」を小さじ2杯分くらいで十分!

 

半紙に包んで小さい巾着などに入れておけば、パラパラこぼれたりしません。

 

また、邪気を吸い込んだ塩を長く身に着けるとかえって運気を下げてしまいますので、最低でも1週間で交換するようにしましょうね。

 

使用済みの塩は、洗面所で洗い流します。

 

厄除け風水③ 玄関を美しく保つ

最後は、玄関のお掃除とインテリアコーディネート!

 

これは実際に筆者も実践していて、確かな手ごたえを感じている厄除け方法です。

 

風水では、「運気は玄関から入ってくる」という考え方があり、良い運気を呼び込みたければ玄関を美しく整えておくことが大切だと言われています。

 

また、外出先で身に着けたネガティブな気を落とす場所=厄払いをする場所ということで、汚れや陰気が溜まりやすい場所でもあるんですね。

 

こまめに掃除をして塵やホコリを溜めないようにするのはもちろんですが、次のような点にも注意して玄関を整えましょう。

 

自然光や照明で「明るく」

暗い場所には陰気がたまりやすくなります。

 

余計な物を置かない

玄関がゴチャゴチャしていると運気の流れが妨げられてしまいます。

 

汚れた傘を置かない

雨水で汚れた傘を放置しておくと陰気が溜まりやすくなります。

 

良い香りやキレイな音のするものを置く

HAPPYな運気は、香りや音に誘われて入ってきます。

 

盛り塩をする

塩には浄化作用があるので、手軽にできる厄除け方法です。
白い小皿に、粗塩を三角形に盛って玄関の隅に置いておきましょう。
私はうっかり半年以上も同じ塩を置きっぱなしにしてしまいましたが・・・これも1週間ごとにチェンジするのが正解!

 

いずれも心がけ次第で誰でも簡単に実践できる厄除け方法ですので、ぜひお試しくださいね。

風水で「厄除け」と言えば何色?迷ったらこの色をチョイス!

風水で「厄除け」のご利益があると言われている色の選び方・使い方って・・。

 

ファッションでもインテリアでも、何かの「色」を選ばなければならない状況に置かれることは珍しくありませんよね。

 

その時、厄除けを意識するとしたら何色のアイテムを選べば良いのでしょうか?

 

ここでは、風水の厄除けテクニックを伝授!

 

風水を使って、ネガティブな気を払いのけましょう!

 

小豆や赤飯には「厄除け」の意味が込められていることをご存知でしょうか?

 

それはなぜか・・・。

 

ヒントは「色」にありました!

 

厄除けは「赤」が最強!

風水では、「色」が持つ意味を重視します。

 

では厄除けは?

 

クリーンなイメージから「白!」と答える方も多いかもしれませんが、正解は赤です。

 

赤は、見たままズバリで「火」の気を持つ色。

 

陽の気が大変強い色なので、ネガティブな陰の気=「厄」を焼き尽くしてしまうんです!

 

実際、還暦の時に送るプレゼントは「赤いもの」ですし、神社でもらうお守りも赤いものが多いですよね。

 

初詣の時に神社ででんざい(おしるこ)がふるまわれるのも、厄除けの意味が含まれているのだそうです。

 

ただし、心理学的に見るとイライラしやすくなるというデメリットもありますので、インテリアやファッションで取り入れる際には注意が必要な色でもあります。

 

受けてしまった“厄”を浄化するなら「白」

でも、亡くなった方には白い着物を着せますし、花嫁さんのウェディングドレスや白無垢も「白」。

 

やはりそこには、何かしら「浄化」や「厄除け」の意味があるのではないか?という疑問が生じます。

 

確かに、風水における白は「浄化」「デトックス」の色。

 

厄除けと全く関係がない色ではありません。

 

ただ、「厄を除ける」というよりは「ついてしまった厄を落とす」という意味が強いんですね。

 

「赤は予防で、白は治療」と表現すればわかりやすいでしょうか?

 

「最近、なんかツイてない」という時期は、白いものを身に着けてみると良いでしょう。

 

気持ちの面でもリセット効果があります!

 

厄年の人は7色の物を身に着けよう

では、「今年、厄年なんだよね~」という方はどんな色の物を身に着けると良いのでしょうか。

 

風水的な厄除けの意味を込めて赤を選んでも良いのですが、理想的には「七色」。

 

「厄年の人は七色の物を身に着けておくと良い」という言い伝えがあるのです。

 

そこには、「七つの大難が消滅し、七つの福が生まれる」という意味が込められているのだとか。

 

「七福神」も「七」ですから、この七人の神様からご利益を受けると思えば、確かに厄除け効果が期待できそうですね。

 

とはいえ、ファッションで七色を同時に取り入れるのはかなり難しいですよね!?

 

そこでご提案したいのがパワーストーンのブレスレット。

 

パワーストーンは種類が非常に豊富で、形も色も得られる効果も様々です。

 

最近は最初にカウンセリングをしてからアクセサリーを作ってくれるパワーストーンショップもあるので、自分の好きな石(もしくは期待する効果が得られる石)を七色選んで、オリジナルなブレスレットを作ってもらいましょう!

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

厄除けに関する記事一覧

 

厄除けというと、「神社でのお祓い」を思い浮かべる方も多いでしょう。しかし、普段から自分でできるプチ厄除けを積み重ねておくことにこそ意味がある!ネガティブな邪気=「厄」が溜まり過ぎれば、それが大噴火を起こした時のダメージも大きくなります。ここでは、日々の生活の中でも気軽にできるプチ厄除けの方法を3つご紹介しましょう。自分でできるプチ厄除け① 塩を振りかける自分でできる簡単な厄除け方法の最たる例は「塩...

 
 

厄除けは何歳の、いつ頃の時期に行うべきなのでしょうか。迷っているうちに「厄」に見舞われてしまった!・・・なんてことにならないように、事前にしっかり確認しておきましょう!ここでは、厄年の具体的な年齢や厄除けに適した時期について解説します。「オレ、今年は厄年だからさ~」という会話をよく耳にしますが、それって要するに何歳なのでしょうか?また、厄除けはどのタイミングで行えば災厄を避けられるの?“厄年”って...

 
 

神奈川県内で厄除けの御祈祷を受けるならどこの神社が良いのでしょうか。ここでは、口コミを元に人気の3ヵ所をセレクト!プラスαで期待できるご利益についても併せてご紹介します。神奈川県内でこれから厄除けに行こうと計画されている方はぜひ参考にしてみてください。せっかく厄除けに行くなら、人気のパワースポットに出かけてみたい!神奈川県内なら次に挙げる3ヵ所が有名ですよ。やっぱり人気!鶴岡八幡宮神奈川県内で人気...

 
 

神社やお寺でお祓いをしてもらうことだけが厄除けではありません!日頃の積み重ねで、少しずつ厄を除けていくことが最も効果的なのです。誰にでもできる簡単な方法の一つが、厄除けアイテムを身に着けること。ここでは、ご利益のあるアイテムを3つご紹介します。古くから「魔を避ける」ということで知られているのは、次の3つです。自分のためのお守りとして、親しい人への贈り物として、ぜひ参考にしてみてください。オススメ厄...

 
 

厄除けのお守りとしてアクセサリーを身に着ける(もしくは、大切な人にプレゼントする)なら、どのようなアイテムが良いのでしょうか。ネックレスにブレスレット、ピアス、リング・・・まずはそれぞれの意味をおさらいしましょう。併せて、迷った時にオススメの厄除けアクセサリーを2点ご紹介します。普段、何気なく着けているアクセサリー。でも、「厄除け」の意味を込めて着けるなら、何を・どう着けるのが良いの?アクセサリー...

 
 

民衆信仰の中心地とも言える浅草で厄除けを受けるとしたら、どこで?ここでは、浅草で人気の神社&お寺を3ヵ所ピックアップ!いずれもパワースポットとしても人気ですから、足を運ぶだけでも運気に良い影響があるかもしれません。各神社・お寺の由緒や厄除けのルールなどについてまとめてみました。食べたり買い物したりしながら、浅草をぶらり旅。ならばついでに、厄除けも済ませてしまってはいかがでしょうか!?浅草と言えば浅...

 
 

戦国の中心地、愛知県内で厄除けを受けるとしたらどこの神社が良いのでしょうか?ここでは、愛知県内で評判の良い神社を3ヵ所ピックアップ!安産、開運、出世・・・と、プラスαのご利益が期待できそうな厄除け神社ばかりですから、ぜひ候補に入れてみてくださいね。歴史的な英雄を数多く輩出したことで知られる愛知県。彼らも信仰していた神社で厄除けをしてもらえば、なんだか運気も上がりそうではありませんか!?安産祈願を兼...

 
 

名古屋の熱田神宮といえば、日本で最高位の神様である天照大神をお祀りしている格式高い神社です。観光を兼ねて訪れて厄除けしてもらうことも可能!ここでは、パワースポットとしても人気の熱田神宮の由緒や厄除けを受けるための注意点などについてまとめました。熱田神宮ってよく耳にするけどどんな神社なの?・・・なんて質問は、ハッキリ言って罰当たり!それくらい、日本人にとっては特別な神社なのです。熱田神宮ってどんな神...

 
 

「厄年」には前厄・本厄・後厄があります。では、厄除けとはいつ・どのタイミングで行うのがベストなのでしょうか。一般的には「厄の影響が薄らいでいく」と考えられている後厄でも、やっぱり厄除けは必要なの?ここでは一般的な考え方や、厄を除ける上で大切な心構えについてご紹介します。「厄」は、たった1年で過ぎ去るような単純なものではありません。ひっそりと忍び寄り、いきなり背後からアナタを・・・なんて恐ろしい性質...

 
 

国造りの神が祀られている出雲大社は、全国の神様たちが集まって会議を行う場所として有名です。近年は、縁結びのパワースポットとしても大人気!そんな出雲大社で厄除け祈祷を受けるには?申し込みの方法や祈祷料、厄除け祈祷を受けるに当たって覚えておくべき心得についてまとめてみました。10月は「神無月」と言いますが、これは全国の神々たちが出雲大社へ出かけて不在にしているからなのだとか。神様の国会議事堂とも言える...

 
 

大阪で有名な厄除けスポットであるあびこ観音。ここで祈祷を受けるにはどんな手続きが必要なのでしょうか。また、年中いつでも受付けてもらえるの?ここでは、あびこ観音の厄除けについて、実際の体験談を参考にしながらまとめてみました。みなさん、あびこ観音をご存知でしょうか?あの聖徳太子が命じて作らせたという言い伝えが残る由緒正しいお寺で、今なお、多くの人々の心のよりどころとなっているのです。あびこ観音とは?関...

 
 

神社やお寺で厄除けを受ける場合、特に「○千円で」と決まった金額が表示されていないケースも多いようです。一体、いくら包めば良いのか・・・迷った時は、一般的な相場金額を参考にしてみましょう。ここでは、厄除けの相場がいくらなのか、筆者の体験や複数の神社の公式サイトを元にご紹介します。神様や仏様も、やっぱりお金が好きなんでしょうか?高い祈祷料を支払えば、それだけご利益もたくさん得られるの?祈祷の料金ってよ...

 
 

北陸新幹線の開業で、東京方面からのアクセスがグッと楽になった石川県。厄除けの祈祷を受けるのであればどこの神社が良いのでしょうか?ここでは、石川県内で話題の厄除け神社を3ヵ所ピックアップ!難関突破、縁結び・・・と、プラスαのご利益が期待できそうな神社をセレクトしましたのでぜひ参考にしてみてくださいね。かつては日本の「表」だった北陸地方。その中心とも言える石川県には、歴史の古い神社が数多く現存していま...

 
 

厄除けは、みんなでわいわい行く?それとも一人で行く?人によって様々だと思いますが、ご利益と言う面ではどちらが理想的なのでしょうか。まずは「厄除け」のそもそもの意味をおさらい!その上で、一人で行くメリットやデメリットについて考察してみましょう。厄除けとは、その言葉通り「厄を除ける」ために行くもの。みんなでわいわい、にぎやかに行ったほうが、厄は逃げて行く?それとも、潔く一人で立ち向かうべきなの!?厄除...

 
 

栃木県の県庁所在地である宇都宮。国内でも有数の工業都市として知られていますが、そんな宇都宮で厄除けといえばどこの神社が人気なのでしょうか。ここでは、口コミ人気の高い厄除け神社を3ヵ所セレクトしました!かつては日光街道・奥州街道の宿場町として大いににぎわった宇都宮。戊辰戦争の激戦地としても知られています。「私は厄になんて負けないぞ!」という意気込みがあれば、母国のために命を落とした英霊たちもきっと力...

 
 

おばあちゃんに、「厄除けは午の日が良い」と言われた。そんな経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。旧暦を意識する機会が少ない若者世代の方だと、「午の日って何?」と首をかしげてしまうかもしれません。ここでは、その意味と厄除けとの関係について解説します。「土用の丑の日にウナギを食べる」という風習は実践していても、「厄除けは午の日に行ったほうが良い」という言い伝えを知らないという方は多いこと...

 
 

神社の境内で必ず目にする絵馬。その起源や意味をご存知でしょうか?まあ、厄除け祈祷の場合はどんな願い事を書けば良いのか?ここでは、元々の意味や書き方をおさらい!さらに、個性的な厄除け絵馬が人気の神社を2社ピックアップしてご紹介します。絵馬って神社でよく見るけど、実際には書いたことがない・・・。そんなみなさんのために、厄除け祈祷での絵馬の書き方についてレクチャーします。厄除けで絵馬をもらった!その意味...

 
 

東京周辺には、厄除けや縁結びで有名なパワースポットがたくさんあります。では、東京で厄除けを兼ねて縁結びの祈願ができる神社といえばどこが人気でしょうか?ここでは口コミ評価を参考に3ケ所セレクト!いずれも由緒正しき神社ですから、悪しき物を払いのけてステキなご縁を運んできてくれることでしょう。江戸の町には、今も昔も信心深い人々が集まるパワースポットがいっぱい!その中でも、「厄除け」と「縁結び」に限定して...

 
 

私たちは日々、良くも悪くも“誰か”の“気”に影響を受けています。ポジティブな影響であれば大歓迎ですが、ネガティブなものも多いですよね・・・。「この人と関わりたくない」と思っても、現実的には縁切りが難しいケースも多いでしょう。そんな時にオススメの厄除け&縁切りテクニックを伝授します!「厄年だから厄除けを」とお考えの方も、そうでない方もぜひ参考にしてみてください。私たちは「人の間で」生きている生物。だ...

 
 

東京から約1時間。ちょっとしたリフレッシュ小旅行を兼ねて、風光明媚な江ノ島で厄除け祈願するというのはいかがでしょうか?海を見ながら歩くだけでも、頭の中のもやもやがスッキリ解消することもありますよ。ここでは、江ノ島で人気の厄除け神社の由緒や作法、近くのパワースポットも併せてご紹介します。海あり山あり、美味しいものあり!厄除けがまだお済みでないみなさんは、次の休暇は江ノ島まで出かけてみませんか?江ノ島...

 
 

厄除けのお祓いをしてもらうに当たって、「どこで?」という場所の選び方に頭を悩ませて方も多いのではないでしょうか。一般的には「神社」か「お寺」の二択となりますが、厄除けという観点ではどのような違いがあるの?選び方のポイントをアドバイスします!厄除けのお祓いって、神社でもお寺でもどっちでも良いの?・・・いまさら聞きにくい、その「選び方」のポイントをまとめてみました。神社か、お寺か?厄除けの祈祷を受けよ...

 
 

厄除けをすべき年齢は男女で異なります。ここでは、男性の厄年に注目!どのタイミングで、何回厄除けを受けるのが良いのか、また、それを怠るとどうなるのか。忙しい男性諸君のために、日々の生活で少しずつ厄を除ける方法についても併せてご紹介します。安倍首相は「もっと女性に活躍して欲しい!」とお望みのようですが、女性の立場から言わせれば男性だってもっと頑張って欲しい!だからこそ、しかるべきタイミングに厄除けもし...

 
 

神社で厄除け祈願をしたけれど、お礼参りには行っていない!というみなさん。実はそのお礼参りこそが開運の鍵になるという考え方もあるんですよ。無事にこの記事を読んでいられるのは、厄除けのおかげかもしれません。ここでは、お礼参りの意味や作法、基本的な考え方についてレクチャーします。頼み事ばかりで「ありがとう」の言葉がない人・・・みなさんはどう思いますか?そうですよね、「感じ悪い」ですよね。もしかしてあなた...

 
 

流刑という憂き目に遭いながらも、鎌倉幕府の初代征夷大将軍として数々の功績を上げた源頼朝。そんな頼朝も厄除け祈願をしていた!と聞けば、歴史に名を残す偉人に対しても親しみを覚えますよね。ここでは、鎌倉で人気の厄除け神社・お寺を3ケ所セレクトしました。古都・鎌倉には、大小合わせて100を超える数の神社仏閣があるそうです。その中でも、「厄除け」のご利益で評判なのはどこ?鎌倉で最も古い厄除け神社!八雲神社(...

 
 

厄除け祈祷を受けるためにイザ神社・お寺へ!でもその前に、ちょっと待ってください!!身だしなみは大丈夫でしょうか?偉大なる神様の前にお目見えするわけですから、仕事の面接と同じように服装には注意しなければいけません。ここでは、厄除け祈祷を受ける場合の服装についてアドバイスします。厄除けとは、「この1年、なんとか厄災を逃れられるように力を貸してください」と神様や仏様にお願いをしに行くこと。失礼のないよう...

 
 

群馬県吾妻群にある草津温泉は、「日本三名泉」に数えられる温泉の一つ。観光・湯治がてら厄除け祈祷を受けるとしたらどこがオススメ?ここでは、草津で人気の神社と、併せてチェックしておきたい厄除けイベントについてご紹介します!温泉で身も心もデトックス。それだけでも十分に厄を払う効果が期待できますが、せっかくですから神様・仏様にもご挨拶をしておきましょ!草津温泉名物「氷室のふるまい」で厄除け!温泉でひと汗か...

 
 

関東でも人気の神社が集まっている埼玉県。厄除けに行くなら、プラスαのご利益も期待しちゃいますよね?縁結びに必勝祈願に・・・と、目的に合わせた神社選びができるのも埼玉県の強み!評判の厄除け神社の由緒やご利益、祈祷の申し込み方や費用についてリサーチしました。電車に乗って小一時間も揺られればトトロの世界さながらの森でまったり1日を過ごすこともできちゃう!というのが埼玉県の魅力。日帰り旅行を兼ねて、ふらり...

 
 

西新井大師、川崎大師、観福寺大師堂は「関東厄除け三大師」として知られています。「せっかくなら有名な三大大師のどこかで祈祷してもらいたい」と、遠方から訪れる方も多い人気スポットとなっているようです。ここでは、それぞれの寺院の由緒や厄除けを受ける際の作法についてご紹介します。「弘法大師が自ら彫刻した三躰の霊像が伝わっている」ということで、この3つのお寺が「三大厄除大師」と呼ばれるようになったのだとか。...

 
 

札幌市内で厄除け祈祷を受ける場合は、どこの神社が良いのでしょうか。ここでは、厄除けプラスαの効果でオススメの神社を3ケ所セレクトしてみました。札幌でこれから厄除けを受けようと検討されている方はぜひ参考にしてみてくださいね。厄年は、なにかと災難がついて回るもの。仕事やプライベートで「なんとなくうまくいかない」と感じているなら、開運効果のある神社で厄除け&パワーアップを!一番人気は「北海道神宮」(札幌...

 
 

せっかく厄除けをするなら、確実なご利益を得られる神社で祈祷してもらいたい!そう思うのは当然です。そこでここでは、全国的規模で見て「最強のご利益がある」と言われている神社を2か所セレクトしました。なぜそこが「最強」なのか、由緒やジンクスも併せてご紹介します。「最強の厄除け神社」と聞くと、「ぜひとも行ってみたい!」「祈祷してもらいたい!」と思うのが人間の性。しかし、そこが本当に「最強かどうか」は実際に...

 
 

「厄除けのお守りのために」と天然石を身に着ける方も多いですが、種類があり過ぎて選ぶのも大変です。ここでは、厄除け効果が「最強!」と言われている人気の天然石を3つピックアップしました。あなたにとって本当に「最強」な一つと出会えますように。厄年は心や身体に“隙”ができやすい時期。邪悪なエネルギーはそこを狙って入り込んできますのでご注意を!トルマリンでネガティブ思考をぶっとばせ!他の人に比べて、ツイてな...

 
 

厄除け祈願(祈祷)を受けると、お守りと一緒にお札が授与されます。さて、これは一体どこに・どうやって安置しておけば良いのでしょうか。ここでは、いまさら聞けないお札のルールについておさらい!厄除けのご利益を高めるために知っておきたいルールをご紹介します。そもそも、なぜ厄除け祈願(祈祷)を受けるとお札を渡されるのでしょうか。あのお札に込められた意味とは?札をもらう意味は?神社やお寺で厄除けをしてもらうと...

 
 

風水では「浄化」のツールとしてよく使われるお塩。厄除け効果を得るには、具体的にどのように使えば良いのでしょうか。今回は、塩を使った厄除け法を3つピックアップ!どれも日常生活で簡単に実践できるものばかりですから、ぜひ今日からでもお試しください。料理には欠かせないお塩。塩を使った料理を口にすることで、私たちは無意識のうちに自分自身を浄化しようとしているのかもしれません。塩は厄除けアイテムの定番!厄除け...

 
 

徳川家康のおひざ元、静岡県内には武将たちも足しげく通っていたといういわれのある神社仏閣が数多く存在しています。そんな静岡県内で厄除けをするならどこの神社・お寺が良いのでしょうか。口コミや筆者の体験を元に、「ご利益がある!」と評判の厄除けスポットを3ケ所セレクトしてみました!100年以上の長きに及んだ戦国時代に終止符を打ち、200年以上も続いた江戸時代の礎を築いた徳川家康。そんな家康のゆかりの地であ...

 
 

織田信長ゆかりの地としても知られている滋賀県。「近江を制する者は天下を制す」という言葉もあるくらい、歴史上で数々の戦乱の舞台となってきた土地でもあります。ゆえに、有名な武将たちに尊崇されていた神社仏閣も多いんですよ。そんな滋賀で厄除けといえばどこなのか?口コミ評価の高い厄除けスポットを3ケ所セレクトしました!滋賀県は、戦国時代のメイン舞台とも言えるエリア。武将たちの強運を支えた神社で厄除けすれば、...

 
 

厄除け祈祷を受けるなら、服装は超・重要!神様や仏様に「我が身を見守ってください」とお願いする儀式ですから失礼があってはなりません。男性の場合はネクタイの色にも気を配りたいところですね。でも、厄除けにふさわしいネクタイの色って何色?クローゼットを開けると、様々な柄・色のネクタイがたくさん並んでいるという方も多いでしょう。さて、その中から厄除け用に選ぶとしたらどれ?神様の前では襟を正そう!みなさん、就...

 
 

植物が一つあるだけで、お部屋の雰囲気がホッとなごむ・・・そんな経験をされたことはありませんか?植物には、目には見えない癒し&厄除けパワーがあります。信じるも信じないもアナタ次第ですが、何かしらホッとするものを感じているのであればその直感を信じてみてはいかが!?ここでは、厄除けに効果のある種類や選び方についてご紹介します。デジタル機器や人に囲まれた毎日を送っていると、なぜだか“緑”に触れたくなること...

 
 

「厄年は絶対に厄除けをする!」派と、「効果がハッキリしないから、しない」派と。さてみなさんはどちらでしょうか。しなくても大丈夫な気もするけれど、しないとどうなるのか不安も感じる・・・というのが正直なところではないでしょうか。ここでは厄除けをしなかった場合にどうなるのか、筆者の実体験をご紹介します。「気づかぬ間に厄年が過ぎていた!」と、あっけらかんとしている方もいれば、「厄除けに行かなかったから散々...

 
 

全国の神々が集う場所としても有名な島根県。中でも出雲大社は超・メジャーなパワースポットとして人気です。そんな島根県で厄除け祈祷を受けるとしたら、どこの神社がオススメ?今回は、出雲大社+口コミで人気の厄除け神社2社をセレクトしてみました。かつては日本の表玄関として栄えていた山陰地方。風光明媚な観光地も多いことから、現在では人気の観光スポットとなっています。特に島根県は、「一度は訪れてみたい」パワース...

 
 

チリリン・・・という鈴の音が聞こえると、不思議とイライラが鎮まって穏やかな気持ちになれることがあります。それもそのはず、鈴には「魔除け」や「厄除け」の力があると信じられてきました。お守りやインテリアのアイテムとして鈴を取り入れて、ストレスを解消しながら厄除けをしましょう。お財布に鈴のついたストラップをつけている方、よく見かけますよね。あまり意識されていないかもしれませんが、実は「金運を呼び寄せる」...

 
 

厄除けは、行かないよりは行ったほうが気持ちの上で安心・・・。さらに、どうせ行くなら時期にもこだわりましょう!「節分までに行くのが良い」という説がありますが、その根拠は?節分までに厄除けを済ませることで運気はどう変わるのでしょうか。そもそも、節分とは何を意味しているのでしょうか。厄除けを早めに済ませることで得られるメリットとは?厄除けをするベストな時期は?「厄年だから厄除けをしよう」という場合、1年...

 
 

杜の都、仙台。あの東日本大震災を乗り越えて復興した街ですから、この地の土を踏むだけでも厄除けのご利益がありそうな気がします。そんな仙台で厄除けといえばどこの神社やお寺が人気なのでしょうか?ここでは口コミ評価の高い3社をセレクトしました!かつては豪族が支配していたという東北地方。その中心地とも言える仙台には、どんな歴史・由緒のある厄除け神社・お寺があるの?人気No1は、やっぱり厄除け八幡! 坪沼八幡...

 
 

パワースポットとしても観光地としても大人気の浅草寺。厄除けにもご利益のあるお寺であることをご存知でしたでしょうか?ここでは、浅草寺で厄除けを受けるメリットやルール、実際に祈祷を受けた方の感想などをご紹介します。浅草に行ったら、必ず立ち寄るべきは浅草寺。よくみる「頭に(常香炉の)煙をかける」という行為にはどんな意味があるの?浅草寺で厄除けはできるの?浅草観光のメッカといえば、なんといっても浅草寺!あ...

 
 

身の回りを掃除することは、自分自身の内側を清めることでもあります。良い運気は美しい場所に宿る・・・ということで、厄除け・開運にもつながるんですよ。今回は、厄除け効果を最大限に引き出すためのお掃除のポイントをご紹介します。「出会いがない」「ツイてない」と嘆く人に限って、部屋の中がゴチャゴチャだったりするものです。悪しきご縁を除けて幸せを手に入れたいのであれば、まずはお掃除から!掃除は最も手軽な厄除け...

 
 

「食べる」という行為を通じて厄除けをすることも可能です。では、具体的にどのような食べ物が効果的なのか?特別に高価な食材を用意しなければならないというわけではなく、実は私たちが普段何気なく口にしている身近な食べ物にこそ厄除けのパワーが秘められているのです!私たちの身体を作っているのは、言うまでもなく日々の食事。どうせ食べるなら、縁起の良い物を食べましょうよ!おめでたい食べ物には厄除けのご利益がある「...

 
 

大安とは、中国から伝わった「六曜」という文化に基づく“曜”の一つです。「結婚式は大安の日に」とはよく聞きますが、厄除けの日取りにもこだわったほうが良いのでしょうか?ここでは六曜の意味や厄除けにふさわしい日取り、心の持ちようについて解説します。大安とか仏滅とか、よく聞くけどどういう意味なの?いまさら聞けない「六曜」のルーツについて、まずはおさらいしましょう!厄除けに行くのは大安が良い?結婚式、入籍、...

 
 

「厄年の厄除け祈祷は誕生日に行くことにしている」という方も多いようですが、厄除けの日取りに厳密なルールなどは存在するのでしょうか。誕生日に祈祷を受けることで、何か不都合なことはあるの?迷っている間にタイミングを逃してしまいそうだという方のために、一般的な慣習をご紹介します。誕生日は、いくつになっても“特別な”一日。その日を境に、また新しい人生の一ページが始まる・・・だからこそ、厄除け祈祷で運気もリ...

 
 

「厄除けにご利益がある」ということで、関東圏の人々を中心に人気を集めているのが東京都日野市の高幡不動。いったい、どんな神様(仏様?)を祀っている場所なのでしょうか?また、厄除けにご利益があると言われている所以とは?今回は高幡不動の由緒について調べてみました。厄年は、外からもたらされる災厄だけではなく、自分自身の内側にある“煩悩”に苦しめられる1年でもあります。その煩悩に打ち勝てるように力を貸してく...

 
 

厄除けで有名な滋賀県の立木観音が気になる!真言宗の開祖として知られている弘法大師も、自分の厄年にはちゃ~んと厄除け祈願をしていたことをご存知かニャ?滋賀県の立木観音は、弘法大師が42歳の厄を迎えていた時に刻んだ観世音菩薩像が収められているお寺。近年は厄除けのパワースポットとして人気を集めていますが、実はそれだけじゃなかったニャン!「今年は厄年だけど、厄除けとか正直、面倒くさい・・・。別にお参りとか...

 
 

鶴岡八幡宮は、鎌倉幕府との縁が深い関東随一のパワースポット!源氏の繁栄を支えた神社ということで、厄除けのご利益もバッチリだと思うにゃ。そんな鶴岡八幡宮で厄除け祈祷を受けるにはどうすれば良いのかニャン?また、いつ行くのが良いの?縁結び、勝運、金運UP、安産・・・と、神社にはそれぞれ“強み”があります。では、鎌倉の人気観光スポットである鶴岡八幡宮はどんなご利益があるの?そもそも鶴岡八幡宮ってどんな神社...

 
 

関東で「厄除けのご利益がある」と有名なお寺・・・って、数えきれないくらいたくさんあるニャン。ただ、宗派によって教えや「厄」に対する考え方は異なるにゃ。まずはそれぞれの違いをおさらいし、フィーリング的に自分に合っていると感じる宗派のお寺を選ぼう。今回は関東で有名な「厄除け三大師」に注目してみたニャン!TVでもよく紹介されている有名なお寺で厄除けしたい!でも、ちょっと待ってください。そのお寺はどんな宗...

 
 

「厄年には、自分だけではなく家族にも様々な不幸が襲いかかる」という話を耳にしたことがあるかと思うにゃ。それならば、と家族の付き添いで厄除けに出かける方も多いでしょうが、これまた注意が必要。「付き添いで厄除けや厄払いに行くと、その人に厄が移る」なんて説があるそうだニャン!ケガをしたり病気をしたり、フラれてしまったり。この「ツイテてない」感じ、もしかしたら厄除けに付き添ったのが原因!?聞いたことありま...

 
 

東京は日本の中枢都市。様々な歴史を見てきた場所、多くの人が集まってくる都市だからこそ、特別なパワーにあふれたスポットが多いにゃ。そんな中で、今回は「厄除け」にフォーカスして人気のお寺を3ケ所ご紹介。なんともスピリチュアルなエピソードあふれるお寺ばかり!厄除け祈願はもちろんのこと、観光スポットの一つとしても、東京を訪れる際にはぜひ足を運んでみてくださいニャ。「厄」とは、外部からふりかかるトラブルだけ...

 
 

かつては日本の中心だった関西。ゆえに、朝廷と縁の深いパワースポットも数多く現存しているニャン。今回はその中でも「厄除け」で有名なお寺に注目!歴史に名を残している人物たちが厄を払ったと伝えられている実力派の寺院を3ケ所選んでみたニャ。関西で厄除けを受けようとお考えの方は要チェック!関東に負けず劣らず、関西もパワースポットがいっぱい!「厄除け、どこに行こうか・・・?」と迷ったら、ぜひ次の3つの寺院を候...

 
 

厄除けは寺か神社か、どちらで行うのが良いのかにゃ?厄年は、自分や身の回りの人に災厄が降りかかると言われている年。風水的に見れば、難を逃れるためには厄除けや厄払いで身を清めることが有効だニャン。そこで疑問!厄除けは寺か神社か、どちらで行うべきなの?そもそも両者の違いは?寺か神社かで迷ったら、まずはその違いについてしっかり知ることから始めてみよう!寺と神社は、いずれも独特の厳かな空気が満ちた場所。特に...

 
 

人口が多いということは、それだけ多くの“厄”を溜め込んでいるということ。それを浄化している・・・と考えるだけでも、東京エリアの厄除け神社は他よりもパワーが強そうだよ!中でも、東京都内で特に知名度が高い、まさに“最強レベル”の厄除け神社を3ケ所ピックアップしてみるニャン。首都ということで、東京には歴史上の人物と縁の深い厄除け神社がいっぱい!全国から厄除け祈祷を受けに来る方でいっぱいというのも納得の、...

 
 

御祭神そのもののご利益もさることながら、お守りの効果がスゴイ!と巷で話題になっている神社も多いにゃ。それが東京となれば、「お土産に一つ」とセレクトする方も多いのでは?そこで今回は、東京観光のついでにフラッと立ち寄りたい厄除け神社・お寺のお守り情報を集めてみるニャン!東京で厄除けといえば・・・?と検索してみると、あっちも、こっちもと数多くの神社仏閣がヒットします。その中でも、今回は「人気のお守り」に...

 
 

「置き薬」でおなじみの富山県。なんでも、あの商法は300年も前に生み出されたものなんだとか。病気を除ける薬と縁の深い地だからこそ、厄除けパワースポットのご利益にも期待しちゃうよね!山海の幸に恵まれた富山県で、グルメを楽しみながら厄除けできるなんて最高だなニャン!北陸は、自然豊かで食べ物にも恵まれている、非常に豊かな土地。災厄は貧しい身体と心に棲みつきやすいものですから、富山の自然で心と身体を満たす...

 
 

成田山といえば、「関東三大不動」の一つに数えられる厄除けパワースポット。でも、具体的にどんな由緒があるお寺なのかご存知?今回は、成田山で厄除けを受ける意味や申し込みの方法について調べてみたニャン。お土産にイチオシのお守り情報もチェック!美味しいうな重が食べられることでも人気の成田山。歴史散策、自然散策の観光スポットとしても人気で、お花見や紅葉のシーズンを中心に全国から多くの観光客が訪れます。そんな...

 
 

桜に果物狩りに、登山に紅葉にスキーに・・・と、四季を通じて自然を楽しめるのが魅力的な長野県。由緒ある神社仏閣も多いので、のんびりパワースポット巡りにも最適なエリアだにゃ。そんな長野県で、厄除けをするならどこが良いの?霊験あらたかな厄除け寺を3ケ所ピックアップだニャン!「川中島の戦い」で有名な長野には、戦国武将と縁の深いパワースポットがいっぱい。「強い男」、「ヒーロー」の象徴たる武士でも、やはり目に...

 
 

東京で知名度の高い厄除け寺といえば、西新井大師。特に女性に人気のお寺で、最近では「縁結び」のご利益がある幸運のリングを入手できるスポットとしても話題を集めているにゃ。今回は、そんな西新井大師で厄除け祈願を受ける場合のタイムスケジュールや料金について、見てみるニャン!厄年は、仕事も恋も人間関係も・・・と、全ての歯車がビミョーに狂い出すお年頃。そんな恐ろしい“厄”から身を守ってくれるリングをGETでき...

 
 

なんでもかんでも効率重視!時間のロスを防ぐには「予約」して動くのが当然!・・・という時代ですが、無駄な時間にこそ価値があるという見方もできるにゃ。西新井大師の厄除けを受けたい!という場合、予約すべきか否か?今回は、西新井大師の厄除けスケジュールや申し込み方法について見てみるニャン。パッと思いついたら、すぐ予約!そのほうが、いきなり行くより時間のロスをなくせるし・・・というのはごもっとも!ですが、た...

 
 

弘法大師が護摩祈願を行ったところ、枯れ井戸に清水が湧いた!というエピソードで有名な、東京の西新井大師。厄除け寺として女性を中心に人気を集めているパワースポット。こちらでは露店で売られている“ある物”が人気!その効果はいかに!?今回は、西新井大師の厄除け&開運アイテムの効果についてみてみるニャン。弘法大師の祈願で湧いた清水のおかげで、流行り病があっという間に収束した・・・!という奇跡みたいなエピソー...

 
 

できれば厄除け祈願も効率的に済ませたい!・・・とはいえ、人気のスポットとなれば日にちや時間帯によっては大変混雑しているニャン。女性の厄除けで人気の西新井大師の場合は、何時がピーク?西新井大師が発表しているスケジュール表を参考に混雑予想をしてるにゃ!なんでもかんでも、予約しなければ並んでしまう東京。厄除けも然りで、本当に時間のロスをなくしたいのであれば事前予約が必須です。西新井大師の場合も、やっぱり...

 
 

厄除けはフォーマルな儀式ですから、服装に一定のルールを設けているお寺や神社もあるニャン。では、関東で人気の厄除けスポット、西新井大師はどうなのか?一般的な解釈も踏まえて、西新井大師で護摩祈願を受ける場合の理想の服装について考えてみるにゃ。厄除けに、超・ミニのワンピース&ピンヒールで登場・・・って、周りはちょっと引きますよね。でも、本来、服装は自由なハズ!それなのになぜ、華美なファッションで厄除けに...

 
 

イザ!厄除けへ!・・・と勢いに任せて西新井大師に出かけたものの、お札の選び方で迷ってしまったという方も多いらしいニャン。西新井大師では厄除けのお札にいくつかの種類がありますが、どれを選ぶのがベストなのか。また、お札の理想的な保管方法についてもおさらいしておくにゃ!有名な西新井大師で厄除けしたし、もう大丈夫!厄年なんて怖くない!・・・と油断しているみなさん。厄を除けられるかどうかは、「これから」にか...

 
 

西新井大師ほど人気の厄除け寺となれば、申し込みだけでも長蛇の列!できるだけトータルの所要時間を短縮するにはどうすれば良いのかにゃ?まずは、全体の流れを把握し、早め、早めに動けるようにしておきたいところ。今回は、西新井大師の厄除けスケジュールや所要時間について確認してみたニャン。西新井大師は全国規模で人気の厄除けスポットですから、お正月時期の混雑っぷりは相当なもの。厄除けの申し込みをするだけで30分...

 
 

神社やお寺で厄除け祈願を受ける場合は、料金が一律ではないケースがほとんどだニャン。西新井大師も例外ではなく5つのプランが用意されていますが、料金の違いで何が変わるのでしょうか?最も気になるのは厄除けの「ご利益」ですけれど・・・。西新井大師では、お金をたくさん支払ったかどうかで効果にも違いがあるのかニャン?厄除けは、実際に体験してみないと未知の世界ですよね。特に謎が多いのは料金のこと。「お気持ちで」...

 
 

弘法大師が流行り病を鎮めたことに始まる、西新井大師の歴史。病気平癒がメインのパワースポットですが、実際にこちらで厄除けを受けた方はどんなご利益を得ているのだろう?口コミをチェックして見えてきたのは、意外にも、女性に嬉しいアノのご利益!今回は、気になる西新井大師の厄除け効果について口コミをリサーチしてみるにゃ。厄除けのパワースポットだからといって、病気やケガを除けるだけがそのご利益ではありません。口...

 
 

西新井大師は、関東エリアでは圧倒的な人気を誇る厄除け寺。お正月には50万人を超える人々でにぎわうそうですが、できるだけ混雑を回避しつつ厄除け祈願を受けるにはどうすれば良いのかニャン。実際にお正月に西新井大師に出かけた方の体験談を参考に、押さえておくべきポイントを確認するにゃ!今年はいよいよ厄年。わすれないうちに、危機感を抱いているうちに厄除けも済ませてしまいたい!・・・しかし、お正月の厄除け祈願は...

 
 

お祭りが開催されますが、その意味を知らなければ出かけても意味がないニャン。今回は、今さら聞けない節分の意味をおさらいしましょう。西新井大師の厄除けスケジュールについても併せてチェック!占いの世界では、1年の始まりを1月1日ではなく「2月4日」としているケースが多いです。2月4日は、節分の翌日?それって、一体、ナゼなの?改めて確認!「節分」の意味は?節分といえば、豆まき!最近は、「恵方巻」というビッ...

 
 

厄除けには付き添いが必要だ、という人もいれば、付き添ってはいけない!という方も。正解はありませんが、「祈願料」の面から考えると「お手まで一緒に行っても、護摩祈願は受けない」というのが妥協点でしょう。西新井大師の場合は、付き添いで行っても楽しめるスポットがたくさん!待っていても退屈することはないはずニャン。今回は、そんな西新井大師の注目スポットについても調べてみたにゃ。厄除けには様々な作法があり、そ...

 
 

人気のお寺であればあるほど、厄除けも混み合うもの。せめて流れだけでもわかっていれば、待つことのイライラもいくらか解消されるはず。西新井大師も、超・有名なお寺ですから時期によっては相当な混雑が予想される!そこで今回は、西新井大師の厄除けの流れをチェックにゃ!「えっと、受付ってどこ?」「祈願料ってどれを選べば良いのかな?」「本堂ってどっち?」厄除けに出かけた先で、あれこれ迷うことって多いものです。当日...

 
 

厄年は「体調を崩しやすい」「社会的にも大きな“役”が回ってくる」と言われる年齢。悪いことが立て続けに起こるというネガティブなイメージもありますが、西新井大師の厄除けでピンチをチャンスに変えるニャン。まずは西新井大師の公式サイトで厄年の年齢をチェック!自分は厄除けを受けたほうが良い年齢なのかどうかを確認するニャ。厄年・・・って、なんともおどろおどろしい響きですよね。災厄に見舞われると聞きますが、具体...

 
 

人がたくさんいてにぎわっている場所が好き!という方もいれば、「人ゴミはどうも苦手で・・・。」という方もいるにゃ。厄除けで有名な西新井大師も、休日と平日でその表情はガラッと変わりますので「いつ行くか」が大事なポイント!お祭り気分で行くか、それとも厳かに厄除けを済ませたいか?今回は、西新井大師の平日/休日の雰囲気の違いを調べてみたニャン。人がたくさんいる場所、逆に閑散としている場所。それぞれに魅力があ...

 
 

一度いただいたものなのに、なぜ厄除けのお札は返却しなければいけないの?と疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょうニャン。しかし、大事なのは「返す」ことよりも厄除けしてくれたことに対する「感謝」の気持ちを表すこと。西新井大師でいただいたお札も、お寺に返却して供養していただく必要があるにゃ。その方法や意味について、西新井大師の公式サイトを見て確認してみたニャン。長いようにも、短いようにも感じられる厄年の...

 
 

知名度が高いお寺や神社で厄除けを受ける場合、覚悟しておくべきは「待ち時間」。西新井大師では数百人が一度に厄除けを受けることもあり、なにかと待ち時間も長くなるニャン。具体的に、どのプロセスでどれだけ待たなければいけないのか?実際に西新井大師で護摩祈願を受けた方の体験をもとに調べてみたニャン。待ち時間が長くなるのだとしても、「どんなプロセスに、どれだけ時間がかかるのか」を事前に把握しておけばイライラも...

 
 

「お祝いごとに出席してはいけない」と言われている喪中。神社への出入りにも制限があるようですが、西新井大師での厄除けについては何か特別なルールがあるのかニャン?そもそも、喪中はなぜ行動が制限されるのかニャン?死者の魂を引き連れてお祝い事に出席するというのは、想像してみるとやはり縁起が悪そうな感じがしますし、相手に対して失礼ですよね。ですが、自分の厄除けなら問題ないのでは?お寺でのルールはどうなってい...

 
 

西新井大師の名物である、厄除けの指輪。実は、効果は厄除けに留まらず恋愛成就も叶えてくれる!と女子の間で大人気ニャン!ここで買ったリングをつけていたら恋が実ったというHAPPYな報告が相次ぎ、全国的に有名なパワースポットとなっているにゃ。だけど、実はこの指輪、西新井大師が公式に売っているものではないって聞いたけど。。。ウワサというのは恐ろしいものです。人の口から口へと伝わる間に、事実がとんでもない方...

 
 

日本では、厄年の方にプレゼントを贈る風習があるそうにゃ。具体的に、どんな物が好ましいのか?男性の場合はベルトを贈るケースも多いようですが、そこにはどのような意味が込められているのかニャン。今回は、意外と知らない厄除けギフトの意味にフォーカス!併せて、贈り物にピッタリのベルトもピックアップしてみたニャン。「今年は厄年だ・・・。」と気落ちしていたアノ人に、なにかプレゼントして気持ちを明るくしてあげたい...

 
 

神社やお寺で厄除け祈祷を受けた時にいただいたお米。これは普通に食べても良いのか、それともありがたく神棚にお供えしておくべきなのか。どっちニャ?そもそも、厄除けでナゼ米を渡されるの!?お米の白は、風水的に見ると「浄化」の色。悪しきものを清める力のある食べ物だからこそ、厄年の時はいつも以上にお米を積極的に食べましょう!厄除けでお米を授与されるのも「お米をもっと食べてね!」というメッセージなのかも?厄除...

 
 

パワーストーンにはそれぞれ違った効能があるわけですが、「厄除け」に特化した場合はどんな種類の石を選ぶのが良いニャン?今回は、数ある種類の中から、「外からの邪念を除ける」という効果に着目して厄除けパワーストーンを3つ選んでみたにゃ。厄年だからって暗い顔をしていては、ますますネガティブな運気にまとわりつかれてしまいます。“厄”を寄せ付けないためにも、こんなパワーストーンを身に着けてみてはいかがでしょう...

 
 

仕事でも家庭でも、なにかと責任が重くのしかかる男性の厄年。厄除け祈願はもちろんですが、お守りとして厄除けのパワーストーンを身に着けておけば何があっても怖くない!?今回は、厄に負けずにアグレッシブに挑戦していくための、男性向けお守りパワーストーンを探してみました。パワーストーンのお守りなんて、男が持つのは恥ずかしい?いえいえ、背負うものが大きいお年頃の男性だからこそ、精神的な拠り所となる“何か”が必...

 
 

厄除け祈願は1月のうちに済ませておくのが良いのでしょうか、それとも2月の立春以降に行くのが良いのかニャン?現代を生きる私たちにとって、新年とは「1月1日」から。ですが、昔の暦では2月の立春が元旦だった。この名残で、厄除けを受ける時期にもちょっとしたルールがあるようにゃ。今回は、「厄除けは2月」説がもっともらしく語られる理由について調べてみたニャン!厄年に入っちゃったんだけど、厄除けっていつ行けば良...

 
 

厄除け祈願を受ける時期として「3月」という選択はアリ?ナシ?厄除けに行く時期に迷って結局もう6月・・・。なんてことにならないためにも、事前に御祈願を受ける理想の時期について知っておきたいにゃ。1月派、2月派が主流ですが、「3月」という選択肢はどうなのか?今回は、厄除けを3月に受けることの意味や効果について考えてみたニャン!「いつでも好きな時に行けば良い」という考え方が主流になっている厄除け祈願。で...