金運 財布 種銭

MENU

金運を成長させるには種が必要!「財布に種銭」deお金持ちに!

金運と種銭と財布の関係

ニャン次郎「種銭」という言葉を知っているかニャ?

 

どうやら、お金を引き寄せる「種」の役目があるらしい、、、

 

銭の種・・・って一体どういうこと!?

種銭って何?

働けど働けど金運に近寄ってきてもらえない人もいれば、とことんリッチな人もいますよね。

 

それもそのはず。

 

お金は寂しがり屋なので、仲間=お金がある場所を好んで集まってくるのです。

 

ですから、中身の少ない財布よりは、それなりの金額が入っているお財布のほうがお好き!

 

使うためのお金とは別に、金運を呼び寄せるための「おとり」として種銭を入れておく必要があるのです。

 

また、お財布には、最初に入れてもらった金額を決して忘れないという性質があるそうですから、新調した時には惜しまずお金を入れてあげましょう。

 

どこに、いくら入れるのが良い?

種銭は、使うためのお金ではありません。

 

あくまでも、「仲間=金運を呼び寄せるためのお金」。

 

ですから、使うためのお金とは区別して入れておいたほうが良いでしょう。

 

そうでなければ、ついつい使ってしまいますからね・・・(苦笑)。

 

では、種銭は財布のどこに入れておけば良いのか?

 

オススメは、カード用のポケット。

 

もしくは、ファスナーがついたポケットの中ですね。

 

そこに、ピン札の1万円札を入れておくというのが、風水では最もスタンダードです。

 

理想を言えば、「己巳の日に銭洗いしたもの」だとなお金運UP効果が高いですよ!

 

種銭は使っちゃダメ!

繰り返すようですが、種銭はあくまでも「金運を呼び寄せるためのもの」。

 

1万円札を種銭とするなら、財布には「常に最低でも1万円は入っている」という状態になります。

 

もし、緊急でこの種銭に手を付けてしまった場合は、すぐに補充するようにしてください。

 

お財布の中身に余裕があれば、買い物に行った時や誰かと食事に出かけた時にも「足りるかな」なんてビクつくことがなくなります。

 

「あと1万円あるか、ないか」の差って大きいですからね

 

気持ちにも振る舞いにも余裕が出ますので、その余裕こそが良い運気を招くのかもしれませんね。

種銭で本当にお金は増える?一度は試したい風水テクニックをご紹介!

ニャン次郎「金運を呼び込むために、お財布には多めにお金を入れておいたほうが良い」という風水の考えから生まれたのが「種銭」という発想。

 

その名の通り、お金を作る「種」になるものですが、風水的には必ずしも現金でなくても良いようです。

 

ここでは、金銭的に余裕がない方でも気軽に試せる種銭をご紹介します。

 

「種銭」といっても実は色んな方法があります。

 

あれこれ試して、一番効果のある種銭を継続してみましょう!

 

オリジナルな100,000,000札を作ろう!

お金は「仲間がたくさんいるところを好む」ということで、リッチなお財布ほどお金が貯まりやすいそうです。

 

でも・・・リッチな財布を作れる余裕すらないという方も多いのでは(涙)。
特に、私のように「財布にお金があるとついつい使ってしまう」というタイプの方は、余分にお金を入れておくというのはちょっと危険な行為なのかもしれません。

 

そこでぜひトライしていただきたいのが、オリジナルな100,000,000札を作るという方法。

 

やり方はいたって簡単で、1万円札を折り曲げるだけで作れます。

 

どういうことかというと、1万円札って、札の左右に金額が印刷されていますよね?

 

この「0」をつなげるように折り曲げれば良いんですよ!

 

実際にお札を手に取ってやってみてください。

 

お守りのように財布のポケットに忍ばせておくと、これが種銭になってお金が増えるという説があるのです。

 

でも、こんな説もあるし・・・

ただ、一方で、風水では「お札を折り曲げるのは良くない」という説もあります。

 

実際、私はさきほどの100,000,000円札の種銭を試してもあまり金運が上がりませんでした。

 

お金は、伸び伸び自由にくつろげる場所で増えるらしいので、窮屈に折り曲げられるのはお好きではないのかもしれません。

 

確かに、お札に折り目がつきやすい財布を使っていた時期はなにかと出費が増えていたような気もします。

 

それに、財布からお金を取り出すという所作ひとつ見てみても、お札をスッと取り出せずにもたつく姿は野暮ったいですよね。

 

そういった印象は意外と人の記憶に残るものですから、仕事関係の人間に見られてしまうと「コイツ、仕事もこんな感じでもたもたしているのかな」と思われてしまうかもしれません。

 

ちょっとしたことではありますが、そういった何気ないしぐさが信用に傷をつけ、巡り巡って収入が伸びない=金運も上がらないという結果につながっていくのかもしれませんよ。

 

「9」のつく1万円を探そう

お札を折り曲げたりせずに、なおかつ経済状況に無理なく取り入れられる「種銭」ってないのかな?と探していたところ、こんな話を耳にしました。

 

それは、「9のつく番号の一万円札を財布に入れておく」という方法です。

 

なんでも、「9」というのは風水では「究極」を意味する数字なのだそうで、金運UPと密接な関係があるのだそうです。

 

お札には1枚1枚、番号が印刷されていますが(お札の右下をチェックしてみてください)、末尾が9の一万円札を見つけたらチャンス!

 

縦に三つ折り→横に1回折って正方形を作り、これを半紙に包んでお守りのような形にします。

 

そして、これを財布に入れておくと、お財布に金運を呼び込む「富気」がつくんですって!

 

手元に一万円札が巡ってきたら、ぜひ番号をチェックしてみましょう。

 

お金持ちな人からお金をもらえたらチャンス!

「金は天下の回りもの」という言葉がありますが、確かにケチケチしていると入ってくるほうも少なくなりますし、逆にバンバン使っていると収入も増える傾向があるような気がします。

 

周りの友人・知人を見ても、あまり「節約、せつやく・・・」と切りつめたりしていない人のほうがお金持ちですね(笑)。

 

実は、風水では、「自分よりもお金持ちな人からもらったお札をお守りにする金運が上がる」という説があります。

 

ちょっとしたゲン担ぎのようなものですが、「お金持ちの人から金運を分けてもらう」というイメージですね。

 

オトナになると給料以外で人からお金をもらう機会はなかなかないですが、「お金持ちの人とお札を交換してもらう」ということでも効果があるそうです。

 

私も実際に、お金持ちの叔父からもらった一万円札を種銭にしてみたのですが、思わぬ臨時収入があったり、高額になるはずの出費が最小限に抑えられり・・・と、実感として「金運が上がったな」と感じています。

 

必ずしも本物のお札でなくても良い

さて、ここまでは本物のお金を種銭として金運を上げる風水テクを紹介してきました。

 

しかし、本当に金欠で余裕がない時は、お札に余分な1万円札を入れておくなんてできませんよね?
なんだかんだ理由をつけて使ってしまいますよね!?(私だけですか?)

 

ご安心ください、種銭は本物のお金でなくてもOKなんです。

 

なんと、お札と同じサイズに切った紙の束を入れておくだけでも金運UP効果は得られるんだそうですよ。

 

これと本物のお札をセットにしてお財布に入れておくと、一見、お金がいっぱい入っているように見えますよね?

 

すると金運さんは、「あ~、友達がいっぱいいるな~」と錯覚してその財布のところに寄ってくるのだそうです。

 

そんなことが本当にあるんかいな?という感じですが(笑)、試してみる価値はありそうですね。

 

エッ、こんな商品まで!?

え~でも、そんな手間までかける必要はあるの?なんか面倒くさい・・・と思ってしまったみなさん。

 

実は種銭用の「お札の元」なる商品も販売されていますのでぜひチェックしてみてください。

 

開運財布専門店「財布屋」さんが出している商品なのですが、一万円札を同じサイズの紙が100枚入っています。

 

この一番上を本物の1万円札(新札)を差し替えると、フェイクの100万円が完成!

 

新しいお財布を買った時に、この札束(枚数は適宜、調整のこと)を入れて数日保管しておくと、その財布には「富気」がついてお金が貯まりやすくなるのだそうですよ。

 

「そんなバカな。だって、偽物のお金でしょ?ただの紙でしょ?」と思われるかもしれませんが、とにもかくにも風水で大切なのは「気」の流れをイメージすること。

 

ご自身の財布に、どんどん良い金運の流れが流入する様子を想像してみてください。

 

そのポジティブな想像はあなた自身の行動をもポジティブなものに変え、それが結果的にはお金という物理的な利益となって還ってくるのです!

ニャン次郎

こちらもCHECK!!

 

いかがだったかニャ?

 

風水に限らず、開運グッズといえば、観葉植物!

 

もちろん、部屋のインテリアとしても観葉植物はオススメだよ!

 

こちらの記事に、金運アップ効果が期待できる【縁起の良い観葉植物】をまとめてあるので、良かったら読んでみてニャ!

>> 縁起の良い観葉植物で金運アップ!

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

合わせて読みたい「風水インテリア」ポイント&体験談

オススメの色や形は?
あなたは何色が好きですか?と聞かれて直ぐに自分の好きな色が答えられ宇人が羨ましいです。同じく丸、三角、四角のうちどの形が好きですか?と聞かれた時にも、私は本当に優柔不断でなかなか一つに決められないのです。形に至っては楕円が好きという変わり者。きっと前世は変人だったのではないかと思います。
ベストな置き場所とは
家の中で物をなくした時、さて、どうやって捜しますか?自分のいつもの行動パターンを思い出してその置き場所を探し当てると言う方が多いのではないでしょうか?物にはふさわしい置き場所があると思うんです。そしてたいていの場合その場所にあると便利だったりします。ということは、見た目ではなく使い勝手を考えて物の置き場所を決めればよいと言うことですね。
お札の入れ方にもポイントが
お札には羽が生えているようです。いつの間にやらなくなってしまうんです。しまう時にはお札の入れ方も気になります。良く、上下逆さに入れるとお金が出ていかなくなると言います。それを聞いて私は直ぐに全てのお札を逆さにしました。心なしか、それからというもの出費が減ったような気がするんですが。
カードを整理しよう
最近はどこのお店でもメンバーズカードやポイントカードを発行してお客様サービスに努めていますが、そんなカードがいっぱいになって整理が大変です。近所のお店ならともかくたまにしか行かないお店ではなるべくカード類は作らないようにした方が良いですね。有効期限内に何度もくるとは思えませんから。
財布に入れるお守り
昨年成田山に行った時に、お金にご縁がありますようにと「御種銭」というのを頂きました。その時に買ったお守りも一緒に持ち歩いていました。年が変わって今年のお正月にはそのお守りは納めて新しいお守りを買いました。なんだかんだと言っても、食べることに困らないでいられるのは、このお守りのお陰なのかも知れないと感謝です。
金運財布をこれから選ぶ人へ。おすすめのタイプは?
富や豊かさを引き寄せるパワーストーンのおすすめはルチルクォーツだそうです。特に金線入りのゴールドルチルクォーツは「金銭入る」として人気があります。当然、仕事運もギャンブル運も上昇、強力な魔除け効果や強力な活性作用にも期待が持てます。また、風水では黄色や金色が良いというのは周知のことですが、方位との関係にも注意が必要のようです。
財布の購入日にもこだわる
友人に聞いた話ですが、新月のパワーって半端ないそうです。新月とは、そこから新しい自分の萌芽が始まる日といえるのです。ですから願い事をするのに最適な日でもあり自分を変えるのに最高の日でもあります。と言うことはお金に関係する物の購入日としても良い日って事ではないでしょうか。
財布と小銭入れは別々に必要?
消費税アップに伴って小銭の流通が多くなりますね。きっと小銭入れが大活躍ですね。。お札と小銭は分けて持った方が良いかも知れません。主人は以前から札入れと小銭入れを別々に持ち歩いています。面倒くさくないのかしらと思っていましたが、1円玉が多くなると思われるこれからは大きな小銭入れが必要です。
財布に札束を入れて金運アップ!
お金はお金を呼ぶというのは本当でしょうか?札入れなどには買った時に札束を入れて財布の容量を覚えさせると良いと言うのを聞いたことがあります。本物がなければダミーでも良いとか。本物の1万円札の間に、お札サイズに切った28枚の新聞紙を挟んで30万円のつもり札束を入れてあげるんです。そうすると常に30万円をキープしたい札入れの完成です。
白蛇財布の効果はいかに。。。
10年ほど前に滅多に自分で買い物などしない父が札入れを購入しました。それも白蛇です。母も私も蛇は苦手なので触ることも出来ませんでした。なんでも開運効果抜群なんだそうです。その後貯金が増えたかどうかは定かではありませんが、お金に困ると言うことは無かったようです。
お財布に鈴を忍ばせれば、金運UP!
テレビドラマなどで芸者さんの帯から鈴がぶら下がって良い音がすることがあり、色っぽいなぁって思うことがあります。根付けというものですが昔は男性も印籠や煙草入れに付けて滑り止めの役目を果たしていたようです。今のストラップみたいな物ですね。もちろん鈴だけではなく象牙だったりガラスだったり陶磁器など色々の種類があります。
金持ちはやっている!財布を整理して金運を招こう!!
お金はたたむ派ですか、たたまない派ですか?昔うちの母がいわゆるがま口というのに4つ折りにたたんで入れていました。母はとても整理好きの人なのできっちりたたんで入れていたのを思い出します。私は面倒くさがりなのでたたまない派でそのままです。ただ金種はちゃんと分けています。
お金にとって居心地が良いのはどんな形の財布?
以前はお札は二つ折りで使っていましたが最近は折らずに長いままです。折らない方が数も数えやすいし何となく綺麗に使えるような気がします。のし袋に入れたりする時にも折りしわを伸ばさないで済みますし、ATMでピン札が出た時にはそのままの状態で持っていられるので必要な時にも便利ですよね。
「春」と「張る」をかけて金運UP!?財布を買うなら、今でショ!
春は別れと出会いの季節ですね。そして新生活が始まる季節でもあります。私の姪っ子も大学を卒業して新入社員です。これからは親元を離れて自活するようです。親の有り難みも、お金の有り難みも身にしみて解るでしょう。しっかり働いてしっかり貯めて親孝行して欲しいものです。
金運がツイてる!財布を買い替えるなら巳年がオススメ
巳年ってお金にまつわる話が多いような気がします。蛇は昔からお金と深い縁があるそうです。古代インドでは弁財天の使いと言われ、白蛇は弁財天の化身とも言われているそうです。また、脱皮する生き物全般に言えますが「死と再生」を連想することから生命力があり抜け殻はお守り代わりなると言われています。
ラウンドファスナーの財布
長財布を買うならやっぱりラウンドファスナーですよね。かぶせ蓋のタイプを使っていた時にはお金を出す時にかぶせの部分のカード入れが丸見えになるのがとても気になりました。どんなカードかは見る人が見ればだいたい解りますからねぇ。何となく値踏みされてしまうような気がして嫌だったんです。でもラウンドファスナータイプは中が見えにくいので大丈夫です。
レシートはどうしている?
買い物をした時のレシートってしまう場所に迷います。もちろん直ぐに捨てちゃう人は関係無いでしょうが、主婦は絶対に捨てませんよね。友人の一人はレシート用のポーチを持って歩くそうです。そうすれば家に帰ってからの整理がしやすいし、家計簿をつける時にも便利だとか。お金と一緒にしまってはいけないと聞いたこともありますから、専用ポーチ、いい気かも知れませんね。
人気のがま口
渋谷のヒカリエにがま口専門店があります。京都のお店なのですが、ポーチやバッグをはじめ眼鏡ケースやiPadケースまで揃っています。私はカードケースを買いましたが。角に口金がついているのがオシャレっぽくて使いやすいですね。一緒にいた友人は眼鏡ケースを買いましたがやはり軽くてお気に入りです。
外貨の使い道
海外旅行に行った後、必ず処分するか迷う外国紙幣やコインですが、両替するほどの金額ではないけれど、捨てるわけにも行かず・・・。役に立つことがあるそうです。外国紙幣を札入れに日本のお金と一緒に入れておくととても良いのだそうです。また、最近では外貨をただの通貨としてではなく取引という意味が付与され、お金が回ってくると言う考え方になるそうです。
ギャンブルとの関係
ギャンブルと聞くとふたとおりの事を連想します。勝って億万長者になるような映画やドラマ、そしてもう一つは負けて一銭も無くなっちゃう人。でも億万長者はあまり現実では聞かないですね。それに比べて負けちゃう話は良く聞きます。また、負けちゃう人ほどはまってしまうとも聞きます。本当にギャンブルは怖いと思います。
運を呼び込む神社
昨年の秋に箱根に行きました。その時に塔ノ沢駅0分の所にある銭洗い弁天によってお札を洗ってきました。全国に同じような神社がたくさんあるようですが、その後利益や如何に?!そして洗ったお札は使っても大丈夫なのかしら?と疑問がわきました。御利益については未だ変化なし。また、濡れたお札は乾ききったら普通に使って大丈夫だそうです。。
ボロボロの財布はあり?
私の父は本当に倹約家なのは良いのですが、札入れも小銭入れもボロボロです。人前でそれを出されると本当に恥ずかしい位ですが、本人はこのなじんだ感じが良いのだと言って、新しいのをプレゼントしても使ってくれません。母は「そんなんじゃ、運も逃げていってしまうのに。」と言って笑いますが、いっこうに気にしません。そのうち本当にお金が落ちていってしまいそうです。