中古住宅 リフォーム

MENU

中古住宅をあなどるなかれ!リフォームすれば新築以上?

ニャン次郎あなたが抱いている住まいの理想を、中古住宅をリフォームすることで手に入るニャ!

 

中古住宅リフォームのやり方と、損をしないための注意点とは?

 

中古住宅に理想をカスタマイズする

理想の間取り、デザイン、素材、最新設備。。。

 

みなさんが住宅に抱いている理想、中古住宅には当然これらのものは備わっていません。

 

だからといって中古住宅を選ぶなと言っているわけではありません。

 

中古住宅を購入し、リフォームすればいいのです。

 

中古住宅の一番のメリットは、新築と比較して価格が安いこと。

 

安く手に入った分で、理想の間取り、デザイン、素材、最新設備をカスタマイズすればいいのです。

 

ただし、手当り次第にリフォームしてしまって、新築より高くなってしまったということの無いようにしましょう。

 

また、リフォームを前提に中古住宅購入を検討するのであれば、最新設備などが後付け可能かどうかというポイントでも、物件をチェックしておくのを忘れないようにしたいですね。

 

購入後にリフォームするのが常識?

「リノベーション済!」

 

一見するとキレイですし、魅力的な物件に見えますが、実はこの物件の価格にはリフォームした分の金額が上乗せされています。

 

自分が欲しいリフォームだけならばいいのですが、不要なリフォームの代金まで払うことになったら、損した気分になりますよね。

 

更に、一見してキレイということに関して付加価値がつきますから、その分も価格設定は高くなります。

 

ですから、住宅を理想に近づけるための努力を惜しまない人ならば、リフォームは購入後に自分で行うのが賢明な選択と言えるでしょう。

 

逆に、理想にあまりこだわりが無い人、時間や労力をかけずに新しい設備の備わった住宅に住みたい人であれば、リフォーム済みの物件を購入するのも悪くないですね。

 

悪徳業者に注意

あなたは住宅のプロですか?

 

いいえ、と答える人がほとんどだと思います。

 

実はここに落とし穴があるのです。

 

特に一戸建ての中古住宅を購入した場合、リフォーム業者がやってきて、「シロアリがいる」などと嘘をついて工事の必要を迫る場合があるようです。

 

ではどのようにしたら騙されないのでしょうか。

 

それは、人任せにせず、主体的にリフォームを行うことです。

 

まずは中古住宅購入前に、住宅に問題が無いかどうか、しっかりとチェックしておきましょう。

 

チェックポイントは、全宅連などのWebサイトなどでも公開されています。

 

そして、リフォームの際は業者に対して、何が必要なリフォームなのかをしっかりと指示することが大切です。

 

人任せにしないリフォームで、中古住宅を新築以上の理想の住まいにしましょう!

読者から頂いた感想

中古住宅だって、かなりきれいですよ。(30代 主婦)

「中古住宅」というと、どうしても「古い」「ぼろい」というマイナスイメージがあるかもしれません。

 

でも、リフォームってすごいんですよ。

 

先日、友人の家に遊びに行かせてもらったんですけど、すごいきれいなお家でした。

 

聞いたら、実は中古住宅だったというんです。

 

外観もきれいだし、内装はおしゃれだし、キッチンも使い勝手がいいし、新築のお家と比べても遜色ないと思います。

 

聞いてみたら、中古住宅を購入後に時間をかけてリフォームしたのだそうです。

 

すべてをリフォームするわけではないので、ポイントを絞ってやればやはり新築を購入するよりはかなり安上がりなんだとか。

 

マイホームを購入したいけれど、金銭的に厳しいという方は、中古住宅という選択肢もあるということを頭に入れておかれた方がいいかもしれませんね。

ニャン次郎

こちらもCHECK!!

 

いかがだったかニャ?

 

運気アップのポイントといえば、色選びニャンだけど、その色選びの中でも大きく影響をあたえるのがカーテンなんだ!せっかく戸建てを買うのなら、カーテンにもこだわりたいところ。

 

カーテンといえば、最近オーダーカーテンが格安で買えるようになったって知ってるかニャ?

 

こっち記事に書いているとおり、うちもオーダーカーテンを1セット4万円ぐらいで買ったんだけど、結構いいよ!カーテンが素敵になると、一緒に住む家族、恋人、夫婦が、きっと、もっとハッピーになれるニャ!

>> オーダーカーテンが格安?!オススメ通販ショップまとめ!

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。