家庭運

MENU

人相でわかるあなたと相手の家庭運。二人は幸せになれるの?

人の内面や運命を如実に語ると言われている手相。

 

ですが、それよりももっとわかりやすいのが人相です!

 

では、家庭運に恵まれているのはどんな顔つきなのか?

 

また、どんなことを意識してメイクをすれば、人相の弱点をカバーして家庭運を安定させることができるのでしょうか。

 

異性でも同性でも、「顔の好み」ってありますよね。

 

中には、生理的に受け付けない顔も・・・。

 

一体、私たちは顔のどんな点を基準にして相手を判断しているのでしょうか?

 

また、顔つきと運勢の関係は?

 

まずは唇をチェック!

「人は“見た目”じゃない!」なんて言いながらも、私たちは人を外見(顔つき)で判断しやすいもの。

 

「優しそう」「怖そう」「大人しそう」「仕事ができそう」・・・等々、一体、何を基準に判断しているのでしょうか。

 

人相でまず注目すべきは唇。

 

言葉を発する部位ですから、知らず知らずにその人の本質を表していると言われています。

 

私は非常に上唇が薄いのですが、それは
「やや薄情なところがある」
「愛情表現が淡白」

と判断されてしまうようです。

 

家庭運だとなんだか良くない印象ですが・・・リップやルージュで唇を厚く見せるというテクニックも有効ですから、メイクの際には唇を重点的にデコっています。

 

逆に上唇が厚い人は、愛情深くてやや浮気癖がある人。

 

次に下唇ですが、こちらもやはり薄い人は愛情表現が淡白で温感。

 

厚い人は情に厚くて人に好かれると鑑定されます。

 

また、口角が下がっていると行動が消極的になって良い運気をつかみにくくなります。

 

「あ、下がっているな」と気づいたら、意識的に上げるようにしましょう!

 

歯のメンテナンスが家庭運を左右する!?

美人でメイクも完璧、理想的な人相だったとしても、笑った時に口元からのぞく歯がガタガタなようでは良い運気はつかめません。

 

歯並びが悪いと歯石が溜まりやすくなりますし、それが原因で虫歯になるリスクも高いのです。

 

私たちは毎日口にする食べ物から運気を取り入れているという見方もできますので、歯を失って自由に食べられなくなるとそれだけ運気もダウンしてしまうことになりますよ。

 

それに、生まれつきの人相で仕方がないのだとしても、やはり歯並びが悪くて歯が汚れている状態では人に好印象を与えることはできないでしょう。

 

どうしても、「不潔だ」という印象に引っ張られて、その人の内面をきちんと判断してもらいにくくなります。

 

ビジネスでも信頼を得られにくく、なかなか出世できない。

 

結果的に家庭運も上がらない・・・という悪循環に陥りがちです。(最近は結婚相手の条件として「歯がキレイなこと」を提示する挙げる方も多いそうです。)

 

つまり、歯のメンテナンスを怠ることは家庭運ダウンにもつながるということ!

 

ちなみに、人相から相手の性格を分析したいのであれば、歯の大きさを見ると良いですよ。

 

歯が大きい人は積極的で活力に満ちたタイプ。

 

逆に小さい人は穏やかで控えめ、周りに気を使えるタイプの人です。

 

献身的に家庭を支えてくれるのは、言うまでもなく後者のほうでしょうね。

 

意外?二重アゴは幸せな人相

一般的に「好ましい」と考えられている顔つきが、人相学でも良い解釈がなされるとは限りません。

 

例えば二重アゴ。

 

「痩せているほうがカッコイイ」とされている現代では、シャープなアゴの方が好まれる傾向がありますよね。

 

しかし人相学では二重アゴのほうが吉相!

 

「周りとの衝突を避けられる」という意味で、家庭運に恵まれた人相なのです。

 

確かに、顔がふっくらした人は無条件に「優しそう」に見えますよね。

 

風水でも、「丸みを帯びた物を選ぶことによって人間関係の摩擦を少なくすることができる」と言われていますが、まさに二重アゴはその象徴!

 

家庭内やご近所、親戚づきあいで敵を少なくしたい!家庭運を安定させたい!・・・という方は、もう少しふっくらするくらいでちょうど良いのかもしれませんね。

 

ダイエットを止める口実になるかも!?

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。