モンステラ 壁紙クロス

MENU

インテリアアクセントにピッタリ!モンステラ柄の壁紙で癒しを

ニャン次郎

インテリアアクセントとしても人気の高い植物、「モンステラ」。

 

青々と勢いよく茂る大きな葉は、さながらジャングルにいるような気分を味わわせてくれるニャ。

 

しかし、「植物を育てたことがない」という方にとってはちょっと難易度が高いかもしれません!

 

そんな時に便利なのが、モンステラ柄の壁紙クロス。

 

たとえばこんな壁紙クロスはどうでしょうか?

 

オシャレなお店の片隅でもよく見かける「モンステラ」という植物。

 

アフリカが原産というだけあって野生的でたくましいフォルムは、現代人が忘れてしまった”何か”を引き出してくれそうです。

 

そんなモンステラをモチーフとした壁紙クロスにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

モンステラってどんな植物?

夏になると、お部屋に青々とした観葉植物があると見た目に涼しい!

 

風水でも、「邪気を吸収して部屋の“気”を浄化してくれる」と言われています。

 

とりわけ、アフリカ産のモンステラは根強い人気がありますね。

 

深いスリットや孔が開いたあのユニークな形状は、インテリアのアクセントとしても愛されています。

 

人によっては「手入れが面倒」という声も聞こえてきそうですが、植物は生き物ですから、部屋にお迎えしたからにはお手入れをしてあげるのは当然のこと。

 

ならば!壁紙クロスでインテリアにモンステラを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

種類豊富!モンステラ柄の壁紙

モンステラをモチーフにした壁紙クロスって、色んなデザインのものがあるんですね。

 

ネットで複数の壁紙通販サイトをのぞいてみましたが、本物さながらのモンステラがどど~んと描かれているものもあれば、小さなモンステラが模様のように散りばめられているものも。

 

どんなデザインを選ぶかは個人のセンス次第ですが、私だったら細かい模様は避けたいですね。

 

パッと見た感じ小花柄のように見えてしまって、せっかくのモンステラの魅力が生かされないような気がするんです。

 

不器用さんにはステッカーがオススメ

個人的に「いいな!」と思ったのは、モンステラをモチーフにしたウォールステッカー。

 

壁紙クロスを張替えるとなると私のような不器用さんにはちょっと難しいのですが、ウォールステッカーならシールを貼るような感覚で使えるのでハードルが低いんですよ。

 

オススメは、こちら。

 

インテリア素材のオンラインショップ「WALL STYLE」の商品。

 

 

転写紙とステッカーがセットになっていて、①両方を台紙からはがす→②転写紙ごと壁に貼り付ける→③転写紙の上からこすってしっかりと壁に密着させる→④転写紙をはがす・・・という流れ。

 

これだけで、お部屋にポップでインパクトのあるモンステラをプラスできるんです!

 

しかも、ドライヤーで温めることで簡単・キレイに剥がすことができますので、賃貸住宅の方でも気軽に部屋の模様替えにトライできますよ。(※壁紙の素材によってははがれにくいものもあります。)

 

お値段も送料込みで3,909 円 と、全面を張替えるリフォームに比べればとってもリーズナブル!

 

今年の夏は、コレでお部屋にアクセントを加えてみようかな?

読者から頂いた感想

ウォールステッカー、おすすめです。(30代 主婦)

モンステラの柄ではありませんが、うちでもウォールステッカーを取り入れてインテリアを楽しんでいます。

 

本当は、リビングの壁も思いっ切りアートな感じにしたいんですけど、新築の家なのでさすがにわたしの独断ではできず、そのままの状態です。

 

ちょっとぐらい、遊び心があってもいいかなということで、わたしが選んだのは食器棚と勝手口のドアです。

 

どちらも、木や鳥のモチーフをつけています。

 

シンプルというと、響きはいいですが、見方によっては単に無機質なんですよね。

 

そこへ、木のブラウンと、葉っぱのグリーン、鳥のイエローやブルーの色が入ると、ぱっと明るくなって雰囲気が明るくなりますよ。

 

プチリメイクに、ウォールステッカーはいいと思います。

ニャン次郎

こちらもCHECK!!

 

いかがだったかニャ?

 

壁紙・クロスとあわせて、開運グッズの観葉植物を取り入れよう!

 

もちろん、部屋のインテリアとしても観葉植物はオススメだよ!

 

こちらの記事に、金運アップ効果が期待できる【縁起の良い観葉植物】をまとめてあるので、良かったら読んでみてニャ!

>> 縁起の良い観葉植物で金運アップ!

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。