壁紙 クロス イエロー

MENU

イエローの壁紙クロスで部屋を明るく!成功させるポイントは?

ニャン次郎

いわゆるビタミンカラーの一つである「イエロー」は、まさに心を元気にしてくれるビタミンのような存在。

 

壁紙クロスに取り入れることで、そこに出入りする人々の心を明るくしてくれるよ。

 

ただ、イエローの壁紙クロスは、選び方によっては失敗してしまうことも。事前の下調べが大事だニャ!

 

シンプルでスタンダードな白い壁に比べると、イエローの壁紙クロスというのはやや「使いにくい」、色味によっては「奇抜!」な印象を与えてしまうこともあります。

 

違和感なくお部屋に馴染ませるためのポイントとは?

 

イエローは元気が出る色!

色彩心理学によれば、私たちのココロと“色”は非常に密接にリンクしています。

 

例えば、暗い色の服ばかり着ているとなんとなくテンションやモチベーションが上がらなかったり、逆に”ビタミンカラー“のような明るくて元気な色を着ていると、自然と笑顔が湧き出てきたり。

 

実は壁紙クロスにも同じことが言えます。

 

  • 「なんか最近、元気が出ないな。」
  • 「家族の雰囲気が暗いな」

と感じた時は、壁紙クロスを変えてお部屋をイメチェンしてみるというのも一つの手ですよ。

 

とりわけイエローは元気が出る色。

 

風水では「土」の気を持つ色であり、家庭運を安定させる作用が期待できます。

 

インテリアとしてはどう?

イエロー系の壁紙クロスは、子供部屋用としてニーズが高いようです。

 

やはり、子供には元気に明るく成長して欲しい・・・そんな親心が感じられますね。

 

インテリアの専門家によると、イエローの壁紙クロスはアンティークな家具と非常に相性が良いのだとか。

 

一般的には「白い壁にアンティークな家具」という構図が定着している感がありますが、イエローも候補に入れてみてはいかがでしょうか!?

 

私個人の印象としては、ちょっとくすんだイエロー(“キナリ”のような色)だと、「明るい」というよりも「ほっこりあたたかい」雰囲気を演出することができるように感じます。

 

選ぶ色味で印象が全然違う!

一口に「イエロー」と言っても、色んなイエローがありますよね。

 

ヴィヴィッドなイエローは「明るく元気」な反面、人によっては「落ち着かない」「疲れる」と感じてしまうかもしれません。

 

一方、白に限りなく近い「クリーム色」のようなイエローであれば、肥沃な大地のように落ち着いた安定感を演出することができますよ。

 

この色味の違いを比較する上で個人的に参考になったのは、こちらの「リノコ」というリフォーム専門サイトですね。

 

リノコ
http://www.renoco.jp/

 

このサイトには、サンゲツやリリカラが扱っているイエロー系の壁紙が画像つきで掲載されています。

 

特徴や品番も掲載されていますので、ざっくりとした色の比較をするのに都合が良いんですよね。

 

壁紙クロスの色でお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください!

クリーム色程度の黄色ならありかもしれません。(30代 主婦)

正直、「黄色の壁紙」というと、完全になしかなと思っていました。

 

確かに、ビタミンカラーは見ていると元気になるし、身に付けるとポジティブになれる気がします。

 

けれど、いざ自分の家の壁紙をイエローにできるかというと、難しいです。

 

落ち着かないと思うので。

 

クリーム色、キナリぐらいの淡い黄色ならば、ありでしょうね。

 

クリーム色は、プリンのような色合いで親しみもあるし、安心感もあります。

 

見ていて、ほっこりした、あったかい気持ちになります。

 

わたしは、どちらかというと、せっかちな方なので、パステルカラーや落ち着いた色を身に付けると、ひと呼吸置いてリラックスして物事に取り組める傾向があります。

 

きっと、壁紙の色も同じなのでしょうね。

ニャン次郎

こちらもCHECK!!

 

いかがだったかニャ?

 

壁紙クロスのリフォームが完了したら、次は開運グッズの観葉植物を取り入れよう!

 

もちろん、部屋のインテリアとしても観葉植物はオススメ!

 

こちらの記事に、金運アップ効果が期待できる【縁起の良い観葉植物】をまとめてあるので、良かったら読んでみてニャ!

>> 縁起の良い観葉植物で金運アップ!

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。