中庭 明るさ

MENU

中庭は明るさが命!大胆な採光を取れる中庭を考える

ニャン次郎中庭を作る方の理由のほとんどがプライベートな空間でありながら採光や風通しを得られる、と言ったことではないでしょう。

 

実際外に面した部分に窓を取ると目隠しや塀の設置、又お隣との境をどうするか、と言ったことを考慮しなくてはなりませんね。

 

風通しがあったとしても交通量などが多いところでは窓を開けておくわけにも行かないでしょう。

 

その点中庭は遮断された空間であり安心感も高いわけです。

 

しかしほんとうに期待した採光は充分なのか・・・中庭と言えど立地条件や設計などで大きく変わってきますから、立てる前に充分な検討が必要なのです。

 

日当たりが良いと言う事はどんなスタイルの住宅であっても大切なポイントです。

 

日当たりが良すぎて暑い、というのは防ぐことができますが、その逆ですと残念ながら改善が難しいケースが多いようです。

 

さらに都内の密集した住宅事情を考える時、日当たりだけでなく、騒音やご近所とのトラブルなど、クリアすべき問題は沢山あります。

 

そゆれえ中庭のある住宅に人気が集まっているのです。

 

都心部の家では、隣家との距離がわずか数十センチということもよくあります。

 

こうした家では、窓を開けるとプライバシーが確保出来ないだけでなく充分な採光も不可能な状態です。

 

実質は窓をほとんど開けなかったり、開けても換気の時だけ、と言う事もあるでしょう。

 

これでは窓の意味が悲しいかな全くありません。

 

そのような感じの敷地をお持ちの場合は、思い切って家の中央に中庭を造ることで明るさ、風通し、プライバシーを確保出来ます。

 

中庭と明るさ。

では中庭だと必ず日当たりが確保出来るのでしょうか?

 

実はそうとばかりも言えないようです。

 

まわりに高いマンションなどがあれば当然お日様の光は中庭にも完全には届きません。

 

それでも家のほぼ中心に空間があり、しかも何部屋かはその中庭に隣接しているわけですから塀で囲まれた場所に窓があるよりは ずっと明るさを取り入れる事が出来ます。

 

また半日陰になりがちな中庭の場合でも庭の床の部分に背の高くならない木を植えて白いストーンデッキを敷くことで明るさの演出も可能です。

 

「中庭」には外部に面した中庭と家の中央をくり貫いた内部の中庭、があります。

 

中央をくり貫いたタイプ、ロ(ろ)の字型の設計の場合、もちろん条件などにもよるのですが窓や壁が増える分、コストがかかったり、雨や雪など排水のデメリットも考えられます。

 

一部分が空いていたり外部に面した中庭、いわゆるコの字型の建物ですと、周りの環境によって開口する側を決められますし、それにあわせてよく使う部屋の配置を南や東向きに設計する事も出来ます。

 

明かるさと風通しは住み易さのバロメーターでもありますし、土地の広さを必要とする完全密閉型のロ(ろ)の字型よりは、ややオープンなコの字型の方が中庭と部屋との動線、その他の関係性を考えても使いやすいのかもしれません。

 

もちろんあくまでも好みの問題になりますが・・・。

 

明るさは家の方向にも左右されますし広さにも左右されます。

時間帯によって日が当たる面が変わりますが「内部の中庭」なら近隣環境の影響を受けずに採光を得られます。

 

長方形の中庭であれば、長手側により日が当たるように設計し、上部にトップライトを設けることも可能です。

 

ただ外周からの採光ばかりを気にすると環境の変化に影響されてそもそものデザインが生かされない事もありますのでどの程度の時間、光が入っていたら良いかも考えた設計段階での綿密な計画が必要になります。

 

ニャン次郎

こちらもCHECK!!

 

いかがだったかニャ?
少しでも、参考になれば嬉しいです!

 

ところで、お節介かもしれないけれど、中庭にはシンボルツリーを植えることを強くオススメするよ!

 

シンボルツリーがあると、四季も感じながら木の成長を楽しめるし、照明を上手く使えば極上の空間を創りだすことができる!

 

こっちの記事に、オススメのシンボルツリーをランキング形式でまとめてあるので、ぜひ、選考にして欲しいニャ!

>> ニャン次郎が選ぶ、シンボルツリーランキング!VEST5

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

合わせて読みたい「風水インテリア」ポイント&体験談

中庭のある間取りで、リビングに空を呼び込む
中庭のメリットとデメリットを理解して、快適な中庭ライフを
中庭のあるアパート!隠れ家のようなに賃貸に住む。
中庭には必須!雨対策。
夢の中庭付き戸建に暮らす。
中庭に適した植栽選び。
中庭の間取りと大きさ。
屋上に中庭を!屋上で畑を耕しましょう。
中庭を飾る樹木について。
気持ちよく風の通る中庭で暮らしませんか。
小さな土地、狭小住宅に中庭を持つと言うこと。。
暗めの部屋を明るく変える為に中庭を活用しよう!
中庭のある住まいの工夫は楽しみながら。
中庭の評判・口コミ。
コの字の中庭デザイン。
中庭のコストは削れます。
中庭が寒い!中庭のある家で暖かく過すには。
中庭の湿気との戦い方。
中庭でも失敗は誰もがするものだけど・・・。
中庭に植樹でアイキャッチを。一押しシンボルツリーランキング!
中庭の照明は、家の中を照らす光!
中庭に相応しい植物・シンボルツリー、おすすめの配置。
中庭にスポットライトを!照明の効果は?
中庭、そもそも住み心地ってなんだろう
中庭なら住友不動産?耐震構造に強い会社を調べよう。
中庭の設計のポイント。
おしゃれな中庭は住まいの上級者へ一歩。
物干しスペースの取り方。
積水ハウスの「中庭のある家」。
中庭の水はけ、及び積雪対策。
中庭を綺麗に保つ掃除術。
中庭の騒音対策。
竹のある中庭で和の涼を感じよう。
タイルの並べ方で雰囲気の変わる中庭の床。
耐震住宅と中庭の相性は?
中庭のある賃貸物件を探してみよう。
中庭のある中古物件を探してみよう。
中庭の有効な使い方。
日々の手入れで中庭をメンテいらずに。
中庭と二世帯住宅。中庭は二世代で楽しめる共有スペース。
中庭の排水対策。
ハンモックを使って中庭でアウトドア気分を味わう。
中庭の理想的な配置場所とは。
中庭の正しい方位取りを学ぼう。
無印良品の家の作る中庭。
リフォームで作る中庭。
中庭を和風モダンなデザインで楽しむ。
中庭の材質を選ぶ。
中庭付き住宅の税金対策。
ガレージと中庭、遊びのある空間。
中庭への段差を減らす。
中庭の防犯対策について。
中庭を増築するには。
パナホームで建てる中庭のある住宅。
ペットと楽しむ中庭。
中庭のある平屋でシンプルに暮らす。