パワーストーン 水の浄化時間

MENU

パワーストーンを水で浄化したい!時間はどのくらいが理想?

水を使ったパワーストーン浄化法の目安時間について調べてみます。

 

パワーストーンの浄化法として、「流水にさらす」はド定番!ですが、どんな水に?どのくらいの時間さらせば良いのか?

 

具体的な方法についてはご存知ない方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、水を使ったパワーストーンの浄化法についてチェック!

 

短か過ぎても長過ぎても良くない、時間の目安は?

 

どんなことにも「程度」ってありますよね。

 

パワーストーンの浄化のために、と時間や手をかけ過ぎるのは逆効果になることがありますのでご注意ください!

 

長けりゃ良いってもんじゃない!「浄化」の目安とは?

みなさん、お風呂は好きですか?

 

おそらく、日本人の多くが「好き!」と答えるのではないでしょうか。

 

風水的に見て、お風呂に入る本来の目的は、身体を「浄化」するため。

 

ですが、いくら好きでもあまりに長時間入っていると身体が茹だってしまいますよね。

 

また、身体をキレイにするために、とゴシゴシ洗いすぎるのもお肌にダメージが!

 

同じように、パワーストーンの浄化にも「程度」があります。

 

水で浄化するのが良いらしい、ということで何時間も水に浸けっぱなし・・・というのは逆効果!

 

停滞した水は陰の気を発しますし、パワーストーンが排出した邪気でどんどん汚れていってしまいます。

 

それだと、一体なんのために水に入れているのか・・・本末転倒!

 

「水で浄化」は定番!時間はどうすれば良い?

「パワーストーンを水で浄化する」と言った場合は、基本的には「流水にさらす」ということです。

 

流水とは、読んで字のごとく「流れる水」。

 

キレイな川の清流が理想的ですが、水道水でもOKです。

 

ちょろちょろと細く流れる程度で、時間的には、10分~15分程度で十分でしょう。

 

厳密に「このくらいの時間をかけなければいけない」という決まりはありません!

 

パワーストーンにも個性がありますので、「元気になったな」と思えれば、5分でも良いわけです。

 

石の声に耳を傾けながら行いましょう。

 

ただし、パワーストーンの中には水に弱い種類もありますし、水道水の塩素で変色してしまうものもあります。

 

水で浄化しても良い石なのかどうか、必ずあらかじめ確認しておくようにしましょうね。

 

水での浄化にプラスαでやっておきたいコト

私は数あるパワーストーンの中でも水晶が大好きなので、いつもお守りとして身に着けています。

 

水晶はその名の通り水と相性の良い石なので、浄化も水洗いが最適。

 

ということで、週に1度は流水で浄化を行っています。

 

ただ、水でエネルギーの汚れを落としただけでは不十分!

 

感覚的なものですが、そこに何かしらの方法で新しいエネルギーを充電してあげることが必要かな、と感じます。

 

そこで、ある程度の時間をかけて水で「浄化」をした後は、日光や月光に当てて力をチャージ!

 

1時間程度でも、このプロセスを経ることでパワーストーンがよりパワーアップするのを感じます。

 

石も人も、やはり大きな宇宙の中で「生かされている存在」という点は共通しているということですね。

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。