レンジフード 掃除の仕方

MENU

レンジフードの掃除の仕方は意外に簡単!こまめに続けることが大切

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

使ったつもりがなくても汚れているのが、レンジフード。

 

使っていてもいなくても、定期的なメンテナンスが必要です。

 

でも、レンジフードの掃除の仕方ってどうやるんでしょうか?

 

面倒くさそうでいて意外と簡単な、レンジフードの掃除の仕方をまとめてみました。

 

レンジフードは、コンロの上にありますよね。

 

ということは、料理中に発生した油ハネや、油分を含んだ煙に常にさらされているということ。

 

換気扇を回していなくても汚れるのは当たり前なんです。

 

まずはお湯につけよう

レンジフードをしばらく触っていないなら、表面がベタベタじゃありませんか!?

 

それは、変性した油に埃がついて固まって・・・という最悪な状態。

 

ものすご~くしつこくこびりついていますので、そのまま水拭きしても汚れは全く落ちません。

 

なので、まずはお湯で汚れを柔らかくするのが掃除の仕方の基本です。

 

フィルターを外してファンを取り外したら、

  • 60度くらいのお湯
  • ワイドマジックリン

この合わせ技で汚れを柔らかくしながら除去していきます。

 

試しに、お湯をかけてみてください。

 

固まっていた汚れが、ちょっとぬる~っとしてきませんか。

 

やわかくなったら、洗剤をかけてスポンジや歯ブラシでゴシゴシ!(粉末の洗剤ならお湯で溶かしておきましょう)

 

「つけ置き」がポイント!

続いて、レンジフード内部の汚れにとりかかります。

 

こちらもやはり相当しつこく汚れがこびりついていますので、掃除の仕方の基本は「つけ置き」。

 

洗剤をシュッと吹き付けてすぐにこするのではなく、しばらく「つけ置き」して洗剤成分と汚れをなじませるのがポイントなのです。

 

プロの方だと、わざわざ上からビニールやラップをかけて“パック”して洗剤を浸透させていました。

 

しつこい汚れは、「焦らず」「慌てず」。

 

汚れは浮かせて落とすというのが、掃除の仕方の基本なんですね。

 

懲りたら、食器用洗剤でこまめにお掃除を。

でも、レンジフードの汚れの原因は、ただの「油」。

 

その日についた汚れをその日に拭き取れば、変性して固まることもなく掃除もラクチンです。

 

私も以前はレンジフードの表面を変性油でコーティングさせてしまう人でしたが、一度、本当に大変な思いをして掃除をしたことがあって、「もうコリゴリだわ~」って思ったんです。

 

そこで、表面だけは3日おきに拭き掃除する習慣をつけました。

 

固まる前の油汚れなら、普通の食器用中性洗剤でスルスル落ちます。

 

その甲斐あって、今はレンジフード周りはいつでもツルピカ。

 

リビングから見えても恥ずかしくありませんし、なにより年に1回の大掃除も内部さえ掃除すればいいのでラクチンです。

 

「レンジフードの掃除、めんどいな」と先延ばしにしている方は、基本の掃除の仕方を押さえてまずは一回、大掃除を。

 

その後はこまめにちょこちょこ拭いておけば、次は圧倒的にラクできます!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事