布団 掃除の仕方

MENU

清潔な布団には幸せが宿る!布団の基本的な掃除の仕方をチェック

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

布団は、放っておくと埃まみれのカビだらけ。

 

自分の運気を上げるために、また急な来客で困らないためにも掃除の仕方を確認しておきましょう。

 

布団が変われば身体が変わる、身体が変われば気持ちも変わる!

 

さっそく実践してみたい掃除の仕方をまとめてみました。

 

朝、起きたら布団はそのまま。

 

もしくは、すぐに押し入れに入れて終了。

 

その生活を続けていると、布団はあなたが放出した邪気と汗でとんでもないことに!?

 

えっ!干し方にもルールがあるの?

布団の掃除の仕方といえば、「天日干し」が基本のように思われますよね。

 

「まー、布団なんてとりあえず干しておけば大丈夫っしょ!」と、テキトーな時間にベランダに出してそのまま夕方まで干しっぱなし。

 

これ、私もよくやってしまうパターンですが、実は間違い。

 

布団専門店(布団のつゆき)の公式サイトで紹介されている掃除の仕方を参考にしてみたところ、布団の干し方にはこんなルールがあったんです。

  • 干す時間帯は、午前10時~午後3時を目安に約2~3時間
  • 必ず、カバーを付けた状態で干す
  • 強くたたかない

長時間干すと布団が日光で傷んだり変色してしまったりしますし、逆にホコリを付着したりして逆効果になるんだそうです。

 

強く叩くのも布団を傷める原因になるのでNGですって!

 

布団を干す場合は、時間帯や力加減に気を付けないといけないってことですね。

 

また、外で付着したホコリを除去する意味で、干した後は軽く掃除機をかけてあげると良いそうですよ。

 

汚れてしまった場合は?

布団の管理で厄介なことといえば、気軽には洗えないことではないでしょうか。

 

私たちの身体に触れるものであり大量に汗を吸うものなのに、基本的には自宅では洗えないのでいちいちクリーニングに出さなければいけません。

 

ですが、最近はウォッシャブルタイプの布団もあるようです。

 

自宅、もしくは大型のものが洗えるコインランドリーで洗濯できるかもしれませんので、一度確認してみると良いでしょう。

 

 

ちなみに、「寝ている間に鼻血が出て汚してしまった」などの部分的な汚れは、濡れたタオルで拭けばわりと簡単に落ちます。

 

その場合はよく乾燥させてから収納しましょう。

 

とにかく「湿気」が布団の大敵なので、掃除の仕方の基本は「乾燥させること」なんです。

 

布団はダニ&カビの温床

なぜ、布団の掃除の仕方では「乾燥」がポイントになるのか。

 

それは、布団には湿気がたまりやすいから。

 

私たちが寝ている間にかいた汗を吸っている上にさらに湿気の多いへやに敷きっぱなし・・・なんてことになったら、当然、カビが生えます。

 

私は畳の上に布団をたたみっぱなしにして梅雨の季節に1か月も放置してしまったことがありますが、見事に布団の下にカビが発生しました。

 

さらに、そのカビを餌としてダニが繁殖することもあるので、湿った布団の放置ってホントに危険なんですよ。

 

特別な掃除をせずとも、せめて場所を移動させるとか、畳や床に直置きせずにテーブルや棚を利用して湿気がこもりにくいようにするとか。

 

そういった心がけは絶対に必要です。

 

 

風水的に見れば、湿った布団は邪気の温床!

 

そんな布団に寝ているようでは、運気は上がりません。

 

基本的な掃除の仕方を実践して、眠ることで良い運気をチャージできる寝室環境を整えましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事