扇風機 掃除の仕方

MENU

扇風機の掃除の仕方は超カンタン!クリアな風で運気アップ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

扇風機をつけるとくしゃみが止まらない。なんだか体がかゆくなるし…。

 

それはおそらく、扇風機が汚れているのです!

 

掃除の仕方を確認してキレイにメンテナンスすれば、驚くほど風が心地よく感じられるようになるはずですよ。

 

さっそく、掃除の仕方をチェックしていきましょう。

 

夏場、常に回しっぱなしの扇風機は空気中のほこりを少しずつため込んでいきます。

 

使う頻度に合わせてこまめにお掃除しましょう。

 

まずは分解

扇風機をじっくり眺めてみると、プロペラ部分に大量の埃が。

 

そのような場合、ガードの外側から雑巾やブラシを入れて掃除しようと思ってもうまくいきませんよね。

 

まずは本体を分解する必要があります、ってことで掃除の仕方の基本は分解の手順から。

 

【扇風機の分解手順】※ケガ防止のため、必ずコンセントを抜いて行ってくださいね!

 

① 本体の前面についているガードを外します。

たいていの扇風機は、ガードの上下にクリップのようなものがついているので、そのツメを外してガードを外します。

 

 

② 次に、プロペラを外します。

一般的なネジとは逆で、右回し(時計回り)で外れます。

 

掃除が終わったらまた組み立てことになりますので、分解の手順を忘れないように。

 

扇風機のお掃除にもアレが使える!

分解まで終わったら、次は各部位をキレイにしていきます。

 

まずは、分解できない部分。(後ろのガード部分)

 

ここは軽く掃除機をかけて埃を除去し、絞った雑巾で拭きます。

 

ウェットタイプのクイックルワイパーもイイですね。

 

イイ香りがするタイプのシートを使えば、次に扇風機をつけた時にその残り香がほわっと香って心地良いですよ。

 

 

次に、外した前ガードとプロペラ。

 

ただ水で流しただけでは埃が落ちません。

 

そこで便利な、重曹&セスキ。

 

適当な分量をぬるま湯に溶かし、そこに浸けてスポンジや歯ブラシでこすると汚れはスルスル落ちます。

 

あとは、ベランダに置いて自然乾燥。

 

晴れた日に掃除するというのが、扇風機の掃除の仕方の掟と言えるかもしれませんね。

 

スゴイ!ゴミがつきにくい裏ワザ

あとは分解した時とは逆の順番に掃除機を組み立てて終了なのですが、ここでちょっとひと手間加えると、ゴミがつきにくくなるんですって。

 

これはお掃除の仕方を紹介する特集記事で知った方法なのですが、扇風機を一通りキレイにした後、柔軟剤入りの水で水拭きするといいらしい。

 

というのも、扇風機にゴミがつくのは静電気が原因だから。

 

衣料用の柔軟剤はこの静電気の発生を抑えてくれるので、埃がつきにくくなるんですって。

 

バケツ1杯に柔軟剤を数滴程度で良いので、ぜひお試しを。

 

残り香でイイ香りがして、部屋の中もリフレッシュしそうですね。

 

風水ではイイ香りはステキな出会いを運んでくれると言われていますし、これは恋愛運アップも期待できるかも?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事