お墓 掃除の仕方

MENU

お墓の掃除の仕方ってどうやるの?供養の気持ちを行動でしめそう

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

親が亡くなり、お墓を引き継ぐことになった。

 

でも、お墓ってどうやって管理すれば、いいの?掃除の仕方は?

 

お墓を常に美しく保つための心得や、困った時の対処法も。

 

お墓を大切にすると運気が上がる。・・・そんな話を聞いたことはありませんか?

 

ご先祖様が眠るお墓は、言ってみればあなたのルーツ。

 

心を込めてお掃除することで、なにかしら大切な「気づき」があるかもしれません。

 

基本の掃除の仕方をマスターしよう

お墓の掃除の仕方の前に、まずは使用するグッズをそろえましょう。

  • タオル(または雑巾)
  • やわらかいスポンジ
  • やわらかいブラシ
  • ゴミ袋
  • バケツ
  • 軍手

掃除の仕方としては、まず、お墓の周りの雑草やゴミを除去するところから始めます。

 

しばらく掃除していないと、ヒドイことになっているはず・・・。

 

私も経験がありますが、結構な重労働で汗かきますよ。(夏の暑い日は避けましょう)

 

 

次は、いよいよお墓本体をキレイにしていきます。

 

基本的には水洗いだけでかなりピカピカになるはず。

 

バケツに水を汲んできて、湿らせたスポンジで優しく拭いていきましょう。

 

しつこい汚れは洗剤を使って落とそう

それでもどうしても落ちない汚れ(例えば鳥の糞とか。謎のシミとか)は、洗剤を使って落とします。

 

ただし、家庭にある中性洗剤などは場合によっては石の変色を招いてしまいますので絶対にNG!

 

墓石専用の洗剤がありますので、使用上の注意点をよく確認した上で使いましょう。

 

お墓の掃除の仕方の基本はあくまでも水洗いなので・・・、洗剤を使うのであれば、墓石を購入した業者さんに相談してから使うのが理想的ですね。

 

 

さて、しつこい汚れは洗剤+水を含ませたスポンジやブラシを使ってやさしくこすり取ります。

 

汚れが取れたら水で洗剤をしっかり落として。

 

乾いたタオルで水気をOFFしたら終了です。

 

最後に線香立てや花筒も洗って、全体ピカピカに仕上げましょう。

 

きっと、ご先祖様もアノ世からニコニコして見ているはず!

 

「ためない」が基本

お墓は、年中、日ざらしの雨ざらし。

 

結構過酷な状況に置かれていますので、放置すると鳥の糞やらホコリやら花粉やらコケやらが付着してとんでもないことになります。

 

そんな状態が続いたら、亡くなったじーちゃんやばーちゃんが夢に出てくるかもしれませんよ。

 

供養の心を表すためにも、ぜひ、お墓はこまめにメンテナンスしましょう。

 

遠方でなかなか行けない場合はお掃除を代行してくれるサービスもあり、@10,000円くらいでかなり丁寧にメンテナンスをしてくれますよ。

 

お掃除の仕方がわからない場合、一度こういったプロに来てもらって見本を見せてもらうというのもイイですね。

 

 

お墓の状態は、残された子孫たちの「心」の状態を表すといっても過言ではありません。

 

実際、ウチの叔父はお墓の掃除をした後に仕事がうまくまわるようになって、とんでもない出世の機会をGETしたそうです。

 

ご先祖様に余計な心配をかけないようにするためにも、お墓の掃除は大切に。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事