ガスコンロ 掃除の仕方

MENU

ベタベタのガスコンロもすっきりつるピカ!掃除の仕方の基本

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

日々、油が跳ねたり料理が吹きこぼれたり。

 

ガスコンロを放っておくとそれはそれは不潔な状態になります。

 

そんなキッチンでは、料理に良いエネルギーを吹き込めない!

 

というわけで、ガスコンロの掃除の仕方を確認していきましょう。

 

ここでは、最低限知っておきたいごく基本的な掃除の仕方についてまとめてみました。

 

吹きこぼれた時にサッと吹けばよかったのに、放置して汚れがガビガビに・・・。

 

みなさんのキッチンは大丈夫ですか?

 

お湯の力で浮かせて落とす

経験上、ガスコンロの油汚れは相当強力。

 

日が経つと変性して固まり、さらにそこに新しい汚れやほこりが付着して最悪な状態に!

 

そうなる前に掃除するのが理想的ですが、そこまで放置したら一筋縄ではいかず、掃除の仕方も工夫する必要があります。

 

固まった油汚れは、もはや水では取れませんので、手っ取り早くお湯の力を借りましょう。

 

まず、五徳(火が出るところの周りを囲む、鍋やヤカンを支える金属器具のことです)を外して、次にバーナーキャップ、魚焼きグリルと外せる部品は外してしまいます。

 

それらを大きめの桶に入れて40℃くらいのお湯を張りましょう。

 

さらに、そこにワイドマジックリンなど洗剤を入れて30分以上つけ置きします。

 

お湯と洗剤の力で油汚れはやわらかくなり、落としやすくなるはずですよ。

 

すかさず、ブラシでゴシゴシ!

 

ガスコンロ本体もつけおき

部品を外したガスコンロ本体にも、洗剤を吹きかけてつけ置きしましょう。

 

素材によっては変色したりコーディングが剥がれてしまったりしますので、よほどの汚れでなければ中性洗剤×スポンジ×お湯で軽くこする程度でも十分。

 

それだけでもかなりキレイになります。

 

また、個人的なオススメは重曹。

 

掃除の仕方について解説しているサイトでもよく登場する定番アイテムですよね。

 

弱アルカリ性でそれほど刺激もないので、素材を傷めず汚れをキレイに落とすことができるはずです。

 

重曹には発泡性があり、発生した二酸化炭素を使って汚れや焦げ付きを浮かせて落とすことができるんですよ。

 

ガスコンロの下も汚れています!

もう一つ、個人的に注意しているのは、ガスコンロの「下」のお掃除。

 

ガスコンロの掃除というと五徳周りに注目しがちなんですが、本体の下も意外とゴミが溜まって汚れています。

 

私は、以前、久しぶりに遊びに来た母に指摘されて初めて気づきました。

 

キッチンの掃除は結構マメにやっていたつもりだったんですが・・・、そこは盲点でしたね。

 

たまにはガスコンロ本体を持ちあげて、下を拭き掃除するようにしてみることをオススメします。

 

また、「何か(食材が)落ちたな」と思ったら、放置せずにその時にすぐ除去することが大事ですね。

 

吹きこぼれや油ハネも同様で、その時に対処すれば汚れも落としやすいはず。

 

「絶対に後回しにしない」が、キッチンの掃除の仕方の基本中の基本と言えそうです。

 

ルーチン業務を「面倒だな」って思わないくらい当たり前にできるように・・・、頑張りたいですね!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事