掃除の仕方 基本

MENU

掃除の仕方の基本はコツコツと!運気アップのために掃除は欠かせない習慣です

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

風水では、とにもかくにも「掃除が基本」とよく言われます。

 

が、「そもそも、その掃除の仕方がわからんのじゃーい!」という方もいるでしょう。

 

それが日課になっている人にとっては当たり前の「掃除の仕方」の基本を、今一度確認していきましょう。

 

掃除が苦手な人も多いですが、逆に「掃除大好き」って方もいますよね。

 

そのようなタイプの人は、なぜ掃除を楽しめるのか。

 

そこに、ツキを引き寄せられるかどうかのヒントが隠されているのかもしれません。

 

毎日、「テーマ」を決めてコツコツと。

かくいう私も、昔はあまり掃除が得意なタイプではありませんでした。

 

基本的にズボラな性格なので、散々散らかして、たまに遊びに来た母に嫌味を言われる・・・みたいなことがよくあったんですね。

 

でもある時、考えてみたんですよ。

  • どうして自分は掃除が嫌いなのか?
  • 掃除の仕方は知っているはずなのに、なぜやらないのか。

それはきっと、ため込んで一気にやろうとするからなんではないかと。

 

掃除を始める前に、「え~と、まず玄関の靴を片付けて、土間をキレイにして、それから廊下に掃除機かけてクイックルワイパーをかけて、それからトイレを・・・」とかシミュレーションしただけでうんざりしちゃうんです。

 

なので私は、

  • 「日曜日はリビング」
  • 「月曜日はトイレ」

といった感じに、日々テーマを決めてローテーションでコツコツ掃除をすることにしました。

 

そうすると、1回あたりの精神的・時間的負担も少ないですし、極端に汚れてしまうこともありません。

 

「毎日はちょっと無理・・・」ということなら、週1回でもいいので「第一週目の日曜日はキッチンを重点的に」みたいな感じで月の中でローテンションを組みましょう。

 

また、お風呂掃除などは入浴した"ついで"に、上がる前に裸のままで床・浴槽・排水口など汚れやすい場所をササッと掃除する癖をつけておくとひどく汚れることがなく掃除もラクですよ。

 

「乾き」と「濡れ」を使い分ける

例えば、なにか食べ物や飲み物を床にこぼした時、みなさんはどうやって拭きますか?

 

男性の方って、「ティッシュで軽く拭いておしまい」という方が多いのですが、それだと後々ベタツキの原因になったりしませんか。(奥さんは、内心イライラしているかもしれません)

 

まずは乾いたティッシュやタオルでふき取って、その後、濡れたタオルでもう一度拭くというのが掃除の基本!

 

掃除の仕方として、「乾き」と「濡れ」を使い分けるというのは実は重要なポイントだったりします。

 

日々の床掃除でも、毎日掃除機をかけるという「乾き」の掃除だけでは除去できない汚れが必ずあります。

 

試しに、壁と床が接する隅っこのあたりを指で触ってみてください。

 

なんだかザラザラしませんか!?

 

それは埃が水分や油分を吸って固まっている状態なので、「濡れ」の掃除が必要。

 

週に1回はクイックルワイパーのウェットバージョンや雑巾がけをしましょう。

 

洗剤を使ったふき取りは、「下から上へ」

一人暮らしが長かった私は、掃除の仕方については一通り基本を押さえたつもりでいました。

 

が、先日、ダスキンのお掃除解説サイトを見て反省したことが・・・。

 

今まで、「掃除の基本は上から下へ、だよね!」と洗剤を使った掃除も上→下の方向でやっていた私ですが、実は逆だったんです。

 

例えば壁の汚れを洗剤で落とすような場合、上から下の方向でふき取ろうとすると液ダレが残って余計に汚くなってしまうんですって。

 

思い込みって怖いですね。

 

なので、洗剤を使った掃除の基本は「下から上へ」。

 

これ、掃除が得意な方も意外と知らなかったりするので、この機会に覚えておきましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

キレイにしておいたほうがいいんだろうな・・・とは思っていても、掃除の仕方がわからない!そんな時は、まずどうすれば良いでしょうか。設備によっては掃除の仕方が劣化を早めてしまう場合もありますので、事前の情報収集が大事です。ここでは、掃除の仕方がわからない場合の対処法について考えてみましょう。何かわからないことがあった時、みなさんだったらどうしますか?私だったらすぐにググりますが、きっとそういう方、多い...

 
 

掃除なんて、誰がどうやっても同じだ。な~んて思っていませんか?しかし実際は、使用するアイテムやその使い方次第で仕上がりは雲泥の差!ぜひ、プロの掃除の仕方を学んで汚部屋をピカピカにしましょう。ここではプロの掃除の仕方について、学ぶべきポイントをまとめてみました。汚れた場所は、とりあえず洗剤つけてゴシゴシこすればどうにかなるだろう、って思われがち。ですが実際はそんなに単純なものではないようです。プロの...

 
 

「日本人はやっぱり、和室が落ち着くよね~」ということで畳の部屋がある物件を選ぶ方も多いようですが、正しい掃除の仕方を知っていますか?ここでは、筆者の苦い体験を元に畳の掃除の仕方についてまとめてみました。フローリング生活に慣れてしまうと、少々不便さも感じる和室の暮らし。たとえば、畳の掃除の仕方に戸惑ってしまったりしませんか?しかし、難しく考えることはありません。基本的なお手入れさえ怠らなければ、私の...