厄除け 鎌倉

MENU

鎌倉で厄除け祈願!あの頼朝にパワーを授けたスポットとは?

流刑という憂き目に遭いながらも、鎌倉幕府の初代征夷大将軍として数々の功績を上げた源頼朝。

 

そんな頼朝も厄除け祈願をしていた!と聞けば、歴史に名を残す偉人に対しても親しみを覚えますよね。

 

ここでは、鎌倉で人気の厄除け神社・お寺を3ケ所セレクトしました。

 

古都・鎌倉には、大小合わせて100を超える数の神社仏閣があるそうです。

 

その中でも、「厄除け」のご利益で評判なのはどこ?

 

鎌倉で最も古い厄除け神社!八雲神社(大町)

何かを選ぶ時、「古い」「歴史がある」と言われるとそれだけで特別なもののように感じられたりしませんか?

 

長い間存続しているということは、それだけでもパワーがあるんじゃないか!?と期待値が高くなるわけです。

 

厄除けの御祈祷を受ける場合も然りで、やはり由緒のある古い神社は人気。

 

鎌倉なら、「鎌倉で最古の厄除け神社」と言われている八雲神社がランキングでも常に上位に入っています。

 

鎌倉には大小合わせて100を超える神社仏閣がありますが、その中で最古・・・これはご利益がありそうですよね!

 

こちらは、1083年に新羅三郎義光(源義家の弟)が京都の八坂神社(こちらも人気のパワースポットですね!)の祭神を分霊して祀った神社なのだとか。

 

祭神は、

  • スサノオノミコトとイナタヒメノミコト、
  • ハチノオウジノミコト、
  • サタケシノミタマ

です。

 

当時は疫病が流行していたそうですが、この神社で祈願したところその厄病が静まった・・・という言い伝えがあります。

 

境内の御神木の根元には「新羅三郎義光の手玉意石」と呼ばれる石が2つあり、これを撫でると災厄を逃れられるというジンクスがあります。

 

厄除け祈祷については特に事前の予約は必要ないようです。

 

ただ、初穂料について記載がないので、事前に確認してから出かけることをオススメします。

 

あの頼朝もここで厄除けをした!長谷寺(厄除阿弥陀)

鎌倉といえば、「1192(いい国)作ろう鎌倉幕府」の源頼朝が有名ですよね。

 

そんな頼朝が厄除け祈願をしたお寺があると聞けば、「ぜひとも行ってみたい!」と思いませんか?

 

源頼朝が42歳の大厄の時に厄除けを祈願したと言われているのが、長谷寺。

 

梅雨の時期には、アジサイで話題になるお寺ですね。

 

(敷地内には、40種類を超える約2.500株ものアジサイが群生しているそうです!)

 

アジサイは風水では縁起が悪い(大黒柱が亡くなる)お花ですが、「死者にたむける花」ということでお寺ではよく見る花です。

 

自分が死んだら・・・と考えても、地味な花(例えば菊)よりアジサイのような鮮やかな花を供えてもらった方が嬉しいですねえ。

 

私も行ったことがありますが、敷地内にはちょっと傾斜がついていて、「見晴台」があるんですよ。

 

そこから見た鎌倉の街並みと海の風景がとても美しかったことを10年経った今でもよく覚えています。

 

さて、こちらのお寺の阿弥陀堂には「阿弥陀如来像」が安置されていますが、これこそが源頼朝が厄除けのために建立したと伝えられているもの。

 

高さ2.8mあり、結構な迫力です。

 

鎌倉六阿弥陀の一つとしてカウントされていますので、鎌倉に行った際にはぜひお立ち寄りください!

 

こちらで厄除けを申し込むと御札を作っていただけるのですが、ご本尊前で1年間毎日祈願していただけるのだとか。

 

祈祷料は御札のサイズに合わせて

  • 3,000円、
  • 5,000円、
  • 10,000円

の3段階から選ぶことができます。

 

ちなみに、長谷寺のお土産としては「身代わり鈴(600円)」というお守りがオススメ!

 

土鈴に赤い紐がついたシンプルなデザインですが、「持ち主にふりかかる厄災を引き受けて割れる」というジンクスがあります。

 

これ、本当に割れるらしいですよ!

 

澄んだ美しい音も、風水的に見れば「良い運気」を運んできてくれそう!!

 

獅子が厄を追い払う!鎌倉宮

迫力のある「獅子」の顔が境内でお出迎えしてくれる・・・そんな神社をTVや雑誌でご覧になったことはありませんか?

 

それはきっと、鎌倉で有名な厄除け神社、鎌倉宮です。

 

御祭神である護良親王が、「身に着ける兜の中にお守りとして小さな獅子頭を忍ばせて戦いに行った」という言い伝えから、このような獅子が祀られるようになったそうです。

 

護良親王は後醍醐天皇の息子。

 

鎌倉幕府討伐に際して功績がありましたが、のちに足利尊氏によって幽閉され、28歳という若さで暗殺された人物です。

 

その非業の死を思うと「本当に厄除けにご利益があるんだろうか」と一抹の不安を覚えたりもしますが・・・。

 

境内には「厄割り石」という石があり、この石に「かわらけ(素焼きの陶器)」を投げて割ると厄除け・厄除けのご利益が得られるというジンクスがあります。

 

拝殿の前に1枚100円で置かれていますので、自分の内側に溜まった邪悪な“気”を移し込むようなイメージで息を吹きかけ、それを厄割り石に思い切りぶつけましょう。

 

非常にわかりやすい方法で、なんだか気分もスッキリします!

 

こちらで厄除け祈祷を受ける場合は、事前予約は必要ありませんので直接、社務所へ。

 

9時~16時の間で受付順に執り行われます。

 

祈祷料についてHPには明記されていないのですが、実際に厄除けを受けた友人の話では「5,000円包めばOK」とのこと。

 

何人かまとめて一緒に・・・というスタイルではなく一組ずつ部屋を貸し切りで行われるそうですので、プライバシーの面が心配だという方でも安心です

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

合わせて読みたい「風水インテリア」ポイント&体験談

誰でもカンタン厄除け方法3つ日々の積み重ねで難を逃れる
厄除けに適した時期は災いを避けるためにはいつ行うべき?
神奈川県内で厄除け人気の神社を3ヵ所セレクトしました。
定番の厄除けアイテム3つ大切なあの人へのお守りに
厄除けのお守りにアクセサリーを贈る際の選び方ポイント
浅草で厄除けといえばやっぱりココ人気の三社をチェック!
愛知県で厄除けといえばアソコ歴史上の英雄たちにあやかる!
最強パワースポット熱田神宮で厄除け。信長にあやかりたい!
後厄でも厄除けは必要?まだまだ油断はできないって本当?
あの出雲大社で厄除け!押さえておくべきポイントは?
厄除けといえばあびこ観音!行くならいつがオススメ?
厄除けで渡す謝礼の相場はいくら?金額とご利益は比例する?
注目の石川県で厄除けするなら歴史あるこの3社!
厄除けは一人で行くべきなのか邪気を払うための心得とは
宇都宮で人気の厄除けスポット!戊辰戦争の英霊に決意を誓う
厄除けは午の日に!具体的にそれっていつ?
厄除け絵馬で「厄」を落とそう。奉納の作法について教えて!
東京で厄除け&縁結び祈願!オススメ神社3選
厄除け&縁切りで運気をリフレッシュ!悪縁にサヨナラしてくる
次の休暇は江ノ島で厄除け!不思議な島でリフレッシュ
厄除けスポットの選び方。大切なのは形よりココロ!
男の厄除けは家族の未来を左右する!覚えておくべき心得とは
厄除けとお礼参りはセットで!「感謝」の気持ちが福を呼ぶ
厄除け祈祷の服装はどうする?神様は意外と厳しい!
草津で厄除けといえばココ!併せて楽しみたいイベント情報
埼玉県で人気の厄除けスポット!ランキングの常連は・・・
関東で有名な「厄除け三大大師」とは?その由緒とご利益
札幌で厄除けに行くならゼッタイ後悔させない神社3選
厄除けで「最強」ってどこの神社?やっぱり気になるその評判
最強の厄除け天然石はどれ?パワーが強い3つをセレクト!
厄除けでもらった札。これってどうすればいいの?
塩を使った簡単な厄除け方法を3つご紹介します。
静岡県内で人気の厄除けスポットを3ケ所ご紹介します。
滋賀県内で口コミ評価の高い厄除け神社を3ケ所厳選してご紹介
厄除け祈祷を受ける際にふさわしいネクタイの色やその意味
植物のパワーで厄除け!私を守ってくれる緑のチカラ
厄除けをしないとどうなるの?知っておきたいリスクと防御策
神々が集う島根県で厄除け・・・ってもしかして最強!?
鈴の音で風流に厄除けしよう!幸せは鈴の音につられてやってくる
厄除けは節分までに済ませたほうが良い?その理由は
仙台で厄除けするなら伊達政宗の強運にあやかりたい!
浅草寺は厄除けにふさわしくないって本当?実際の口コミは?
掃除は最強の厄除けテクニック!整理整頓が開運の鍵
厄除け効果のある食べ物って何?開運の基本は毎日の食事!
厄除けは大安の日にするべき?日取りよりも大切なことは?
誕生日に厄除け!気持ちも運気もリフレッシュ
厄除けで人気といえば高幡不動!そのルーツと実際の評判
石段を上るだけでも厄除け効果アリ!?空海を救った立木観音