厄除け 札

MENU

厄除けでもらった札。これってどうすればいいの?

厄除け祈願(祈祷)を受けると、お守りと一緒にお札が授与されます。

 

さて、これは一体どこに・どうやって安置しておけば良いのでしょうか。

 

ここでは、いまさら聞けないお札のルールについておさらい!

 

厄除けのご利益を高めるために知っておきたいルールをご紹介します。

 

そもそも、なぜ厄除け祈願(祈祷)を受けるとお札を渡されるのでしょうか。

 

あのお札に込められた意味とは?

 

札をもらう意味は?

神社やお寺で厄除けをしてもらうと、なにやら仰々しい漢字が並んだお札をいただきます。

 

「なんだかご利益がありそうだけど・・・これって何?お守りみたいなもの?どうすれば良いの?」

 

と、正直なところ困っているという方も多いのではないでしょうか。

 

厄除け祈願(祈祷)でいただくお札は、神様や仏様の「身代わり」のようなもの。

 

わざわざ神社やお寺まで行かなくても、このお札を部屋に置いておけばいつでも見守っていていただける!

 

身近なところでご加護をいただける!!

 

という大変ありがた~い品なのです。

 

例えて言えば

  • 「神様や仏様の支社」
  • 「出張所」

のようなものですから、居心地の良い環境に安置して常に清潔に保つことが大切です。

 

乱雑・不潔な環境にテキトーに投げておくだけでは、神様は来てくださらないかもしれませんよ!?

 

家の中のどこに置くべきか。

いただいたお札を安置する場所については、「東を向けておくべきだ」「いや、南向きだ」「人の目線よりも上でなければいけない」「人が下を通るような場所に置くのは良くない」・・・等々、諸説あります。

 

そこで、小・中学校の同級生に実家の神社を継いだ男性がいるので、彼に正式なところを尋ねてみました!

 

彼によれば、宗教や宗派、地域によってもルールが異なるので「必ずこうすべき」とは言い切れないのだとか。

 

また、厄除けでもらうお札は「護符」であって「御神札」ではないので、そこまで置く場所や方角にこだわる必要はないそのことです。

 

ただ、やはり基本的には「胸よりも高い場所(タンスの上や棚)で安置する」のが理想的。

 

また、直に置くのではなく、白い布や半紙などを敷いてその上に安置するのが良いのだとか。

 

写真立てなどを利用してお札を立て、「(神様が)部屋の中を見渡せるようなイメージで置く」のが一般的です。

 

人気のない部屋や廊下は避けて、家族が集う部屋に置きましょう。

 

向きは、北向きはNGで、東~南を向ける(つまり、背中面は西~北)のが理想的だそうです。(「明るい方角に向ける」という意味があります。)

 

特にお供えものをする必要はないそうですが、1日に1回でも手を合わせて神様にご挨拶をすることが大切!(ただし、宗派や地方によっては供物をするように言われる場合もあります。)

 

御札に手を合わせて、その日いちにちの我が身を振り返る・・・その謙虚な気持ちが、結果的には厄除けにつながっていくのだと言っていました。

 

これは風水の考え方にもつながりますね!

 

正しい処分方法は?

厄年が終わったら、護符としてのお札の役割は終わりです。

 

じゃあ、そのお札をどうすれば良いのでしょうか?

 

「もう役目は終わったんだから」と、そのままゴミ箱へポイ・・・は絶対にダメ!守ってくださった神様や仏様に対して失礼です。

 

厄年が終わったら、お礼参りを兼ねてもう一度神社(お寺)へ出向きましょう。

 

不要になったお札は、神社やお寺の「納札所」に納めればお炊き上げしてもらえます。

 

(あらゆる災厄と一緒に燃やしてしまう!というイメージです。)

 

もし、「遠方の神社で厄除けをしてもらったから、今すぐにお札を返しに行くのは無理だ」という場合は、近所の神社で処分してもらうこともできます。

 

ただし、黙って置いていくのはマナー違反!必ず口頭で確認してからお納めください。

 

個人的には、お礼参りに行けないような遠くの神社で厄除けを受けるのはどうかな・・・と思います。

 

お守りいただいたのであれば、もう一度足を運んでお礼をするのが筋というもの。

 

無事に再びその地を踏めたことに対する感謝を伝えることで、「生きていること」「ここに存在すること」のありがたみを身にしみて実感できるというものです。

 

厄除け祈願(祈祷)を受ける際には、「お礼に行けるかどうか?」も考えて場所を選びましょう。

運気アップ法の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

合わせて読みたい「風水インテリア」ポイント&体験談

誰でもカンタン厄除け方法3つ日々の積み重ねで難を逃れる
厄除けに適した時期は災いを避けるためにはいつ行うべき?
神奈川県内で厄除け人気の神社を3ヵ所セレクトしました。
定番の厄除けアイテム3つ大切なあの人へのお守りに
厄除けのお守りにアクセサリーを贈る際の選び方ポイント
浅草で厄除けといえばやっぱりココ人気の三社をチェック!
愛知県で厄除けといえばアソコ歴史上の英雄たちにあやかる!
最強パワースポット熱田神宮で厄除け。信長にあやかりたい!
後厄でも厄除けは必要?まだまだ油断はできないって本当?
あの出雲大社で厄除け!押さえておくべきポイントは?
厄除けといえばあびこ観音!行くならいつがオススメ?
厄除けで渡す謝礼の相場はいくら?金額とご利益は比例する?
注目の石川県で厄除けするなら歴史あるこの3社!
厄除けは一人で行くべきなのか邪気を払うための心得とは
宇都宮で人気の厄除けスポット!戊辰戦争の英霊に決意を誓う
厄除けは午の日に!具体的にそれっていつ?
厄除け絵馬で「厄」を落とそう。奉納の作法について教えて!
東京で厄除け&縁結び祈願!オススメ神社3選
厄除け&縁切りで運気をリフレッシュ!悪縁にサヨナラしてくる
次の休暇は江ノ島で厄除け!不思議な島でリフレッシュ
厄除けスポットの選び方。大切なのは形よりココロ!
男の厄除けは家族の未来を左右する!覚えておくべき心得とは
厄除けとお礼参りはセットで!「感謝」の気持ちが福を呼ぶ
鎌倉で厄除け祈願!あの頼朝にパワーを授けたスポットとは?
厄除け祈祷の服装はどうする?神様は意外と厳しい!
草津で厄除けといえばココ!併せて楽しみたいイベント情報
埼玉県で人気の厄除けスポット!ランキングの常連は・・・
関東で有名な「厄除け三大大師」とは?その由緒とご利益
札幌で厄除けに行くならゼッタイ後悔させない神社3選
厄除けで「最強」ってどこの神社?やっぱり気になるその評判
最強の厄除け天然石はどれ?パワーが強い3つをセレクト!
塩を使った簡単な厄除け方法を3つご紹介します。
静岡県内で人気の厄除けスポットを3ケ所ご紹介します。
滋賀県内で口コミ評価の高い厄除け神社を3ケ所厳選してご紹介
厄除け祈祷を受ける際にふさわしいネクタイの色やその意味
植物のパワーで厄除け!私を守ってくれる緑のチカラ
厄除けをしないとどうなるの?知っておきたいリスクと防御策
神々が集う島根県で厄除け・・・ってもしかして最強!?
鈴の音で風流に厄除けしよう!幸せは鈴の音につられてやってくる
厄除けは節分までに済ませたほうが良い?その理由は
仙台で厄除けするなら伊達政宗の強運にあやかりたい!
浅草寺は厄除けにふさわしくないって本当?実際の口コミは?
掃除は最強の厄除けテクニック!整理整頓が開運の鍵
厄除け効果のある食べ物って何?開運の基本は毎日の食事!
厄除けは大安の日にするべき?日取りよりも大切なことは?
誕生日に厄除け!気持ちも運気もリフレッシュ
厄除けで人気といえば高幡不動!そのルーツと実際の評判